#4976

投函失敗


今日の出来事

昨日役所で交付してもらえなかったとある書類を郵便で送ってもらうために、
休日出勤扱いの今日は昼休憩からいろいろと立ち回っていました。
とりあえず封筒は最寄りのコンビニで昼食と一緒に買い、
あとは返信用封筒に貼る切手やらなんやらは郵便局に行けばなんとかなるだろう、
と思いその足で郵便局へ。ところがそこで書類に書く情報の不備が発覚し、
時間もないのでここで一旦帰社。
このときに切手だけでも買っておけばよかったのですが……。

無事に退勤後、しかしこの時点ですでに郵便局は閉まっているので切手を買いにコンビニへ。
定形郵便82円+速達280円で362円分欲しいということをレジの人に伝えるのですが、
「82円と……280円ですか?」と繰り返し、しどろもどろですぐに出してくれない。
どうやら280円切手というものは取り扱っていないらしく、
最高額を訊いたら100円までしかないとのことでした。
今は定形郵便が82円になってしまったので80円切手が置いてあるとも考えにくく、
100+100+80=280円という合わせ技もできそうになかったので諦めて帰りました。
以前、同じように定形郵便の速達返信用封筒をつくろうとしてコンビニに行き、
3分くらい待たされたあげくものすごい数の切手を出され
申し訳ない気持ちになったことがありましたが、あれもきっと同じ事情だったんでしょうね。
コンビニは切手を取り扱っているが速達分までは常備していない、というのが今日の教訓です。
時間内に郵便局に行けるなら切手もすべてそこで揃えてしまうのが無難か。
あるいはこういうときに備えて財布に280円切手をしのばせておくのも手ですかね。

ちなみには最初に書いた「書類の不備」というのはすぐに出てこない厄介な情報で、
頭に入っていないのはもちろんこういうときのためのEvernoteで検索してもまったく引っかからず。
しかし2007年のとある手続きで使うために携帯のメモアプリにメモしたことを思い出し、
メモが残っていることを祈りつつ昔の携帯を片っ端から起動してみました。
結果的に探している情報は携帯には入っておらず、PCの各種バックアップフォルダで見つかりました。
なんというか、こういうときのためにも
プライベート情報を串刺し検索できるようにする必要性を感じましたね……。
普段から何でもかんでもEvernoteに突っ込んでそれで解決できると思っていると、
あるはずの情報がEvernoteで検索してヒットしなかったときにすごく無力感を感じます。
むろん、重要な個人情報をクラウドストレージに上げていいのかという問題もありますが。

0

コメントを残す