#5022

許容範囲を伝える


さてなんだかんだで三ヶ月連続残業フィーバーの週を経験するに至っているわけですが、
今月のピークはどうやら今日で突破することができたようです。
さらに偉い人との直接交渉&上司との話し合いの結果、
このまま行けば土曜日出勤不可避という状況から一転して秋分の日は休める方向へ。

先月も先々月も、繁忙期も五日目くらいになるといかにしてすんなり転職するか、
というネガティブな(ある意味ポジティブな)ことばかり考えていましたが、
ああいう行き詰まり感はやはり自分に指示する人間との意志不通のせいなんだろうなぁと。
この辺が結局のところ仕事にコミュニケーション能力は必須だと言われる所以なのでしょうが、
ここまでならできる、それ以上は難しいという線引きを表明する場がなければ、
「できなくてもやるしかない」という状況に追い込まれるのも当然なわけで。
その辺のもやもやを、できないのにできると言ってしまう営業担当のせいにする考え方もあり、
また仕事量に対して絶対的な人員不足の状況を人事や経営陣のせいにする考え方もありますが、
大抵、それらに対するヘイトを溜めたところで何の解決にもならないわけで。

今月はそもそも物量的に先月・先々月と比べてかなり易しいというのもありますが、
自分はここまではできる、だからここまではやるという意識を優先した結果、
それが周囲や得意先にも伝わったように感じられ、
作業内容はともかく気持ち的には大分楽な一週間だったなとは思います。
ただ、もう本当に一日中マウスとキーボードを触っているので
金曜日にもなると特に右手の負担が半端ではないです。
そのせいで今日は21時半退勤後、自宅で軽作業でもと思っていたのですが
目の疲れも相まって見事に身体が動きませんでした。

まぁなんというかこういう精神論で仕事を凌ごうとする考え方は
ある種のブラック的な思考回路なのかもしれませんけどね……。
最近どうも、自分も大分そっちの世界の考え方に染まってしまっているような気がしてなりません。
是正しようにも会社外部の人とがっつり話し合う機会はあまりなかったりすると
なかなか難しいのが現状なんですよね。
とりあえずは目の前の事やいろいろな主張を、
それが絶対正しいと鵜呑みにしない警戒心はこれからも持ち続けていきたいところです。

余談ですが今日は例の当選したチケットに入金するために、
おそらく初めてローソンのLoppiを使いました。
あらかじめスマホから認証用のコードが表示されたページをEvernoteに保存しておいて、
端末のバーコードリーダーにスマホ画面を読み込ませてレシートを発行、
あとはレジで精算して控えを持ち帰るというもの。
てっきりこの場でチケットが発行されるものだとばかり思い込んでいたものだから、
控えだけポンと渡されてあとは無言の店員に、つい「これだけですか?」と訊いてしまいました。
大学時代、ファミリーマートのFamiポートで高速バスチケットを発行してもらうときは
現金精算後に必ず枚数の確認があり、その場で封筒に入れてくれていたので、
対応の落差に少し不意を突かれました。
あとで入金確認後に本物のチケットが郵送されてくるため
Loppi精算時は控えしか受け取る必要がないということを知らなかった自分が悪いだけで
別にファミマと比べてローソンがダメだという話ではないのですが、
こういう風にチケットひとつ取っても
チケットやコンビニごとに受け取り方法が異なるのはなかなか厄介ですね……。