#5102

天高く鹿を積み上げる冬


ゲームのプレイ日記



今、飛ぶ鳥を落としそれを積み上げていきそうな勢いで流行っているスマートフォンゲーム、
』をご存じでしょうか。
『どうぶつの森 ポケットキャンプ』のリリース後、ほどなく(たまたま)登場した個人制作ゲーム。
課金要素はなく広告非表示オプションもなし。
ランダムマッチで当たったオンライン上の相手とどうぶつ型のオブジェクトを積み上げて続け、
先に崩してしまった方が負けというシンプルなゲームです。
ニンテンドーDS『だれでもアソビ大全』のバランスゲームとルールはほぼ同じ。
いかにもゲーム好きな個人が作ったような素朴かつ純粋なタイトルです。

それがなんと、iTunes Storeでポケ森を追い越し無料アプリ1位に輝くという異常事態が発生。
気になってプレイしてみたら、それはもうハマるのなんの。
なんというか、ランダムマッチ対戦の良いところだけ残して他を一切なくした、
対戦ゲームのお手本のようなタイトルだと思います。

登場するどうぶつは数種類あり、毎回ランダム。ヤギのように積むのが簡単などうぶつもいれば、
ゾウやキリンのように他のどうぶつより二回り以上大きく扱いに困るどうぶつもおり、
実力差が出現したどうぶつによってひっくり返される可能性が常にあります。
オブジェクトは『Angry Bird』よろしく物理エンジンによって制御されているのですが、
倒れたかと思ったらギリギリ絶妙なバランスで持ちこたえたりと、
毎回ハラハラドキドキな展開を見せてくれます。(まれにとんでもない挙動が発生したりも……)
このようにプレイするごとに異なる展開がある上に、
録画しなくてもリザルト画面からリプレイをいつでも見返したり共有することもできるため、
アクロバティックな試合がここ連日Twitterのタイムラインに流れてきています。
この辺もSNS隆盛の昨今にぴったりハマっている良いシステムだなと思います。
Twitter界隈ではさっそく「環境トップは5.5ゾウ」「守りの2キリン、攻めの0キリン」
などとトップランカーによる意味不明な迷言が生み出されていますね。
(※12月11日現在、5.5ゾウ=5回半ゾウを回転させて不安定なまま着地させる技は再現不能の模様)

自分もやってみたところ、初プレイである昨夜は14勝6敗と絶好調で、
あっという間にレート1700に到達するかに見えたのですが、
一夜明けて今日、さらにがっつりプレイしていたら
ちょっとした連敗からどんどん傷口が広がっていき、まさかの22勝23敗とデイリー負け越し。
ムキになって勝ちに行くとむしろ勝利が遠ざかるという悔しさに
歯を食いしばる体験を久々にしました。冒頭の動画は初日5試合目くらいのリプレイです。

しばらくはかつてのクラロワのように、
悔しくならない程度に合間合間に対戦していこうかなと思っています。
それにしても今年の後半期、ゲーム界隈はどこもかしこも豊作過ぎじゃないか!?

コメントを残す