#5113

仮想空間の分岐点


ゲームのプレイ日記

これで言及何回目だっていうくらい書いていますが、
2007年末特集として大学時代初期に唯一頑張った思い出である
ピクミン2 最小限8日クリアを目指す』が本日で連載開始から十周年を迎えました。

2013年に六周年で振り返ったときは「せっかく続編が出たんだし動画投稿したいよなー」
というあっさりした感想だけで終わっていますが、
2015年秋にピクミン旧作界隈に復帰して定着している今、
改めて2007年に残した軌跡というのは大きかったのではないかと思うわけです。
これがなかったらおそらくTwitterもどのコミュニティに所属することなく
独り言垂れ流しツールとして使っていただろうし
(そしてそれを六年もの間続けているとは考えにくい)、
本家ブログ11周年企画という名目で新ピクチャレ大会を作ることもなかったでしょう。
結局のところ自分は一人のゲームファンとしてインターネットの世界に首を突っ込んだのが、
その「ピクミンシリーズ」という落ち着きどころを見つけたのが
2006年の特設二代目開設、そしてそれに続く2007年の動画投稿だったのではないかと思います。

ゲームプレイ動画で注目を浴びるためのハードルは
この十年でまったく手の届かないところまで高くなってしまったように思われ、
同じようなことをやって同じような見返りがあるとはまったく思っていませんが、
少なくともあれは自分のネット活動の成功体験として、
卑下し過ぎずに忘れずに取っておきたいと思っています。
そしてそれで得たピクミンプレイヤーであるというアイデンティティーを、
これからも大切にしていきたいですね。
少なくとも「次の何か」を見つけるまでは。

0

コメントを残す