#5130

必要な非充実


三連休最終日。

終わってみれば矢のように過ぎ去っていった三連休でした。
冬休みと違って目的が不明瞭だった三日間でしたが、
それだけでこんなに非充実感があるのかと改めて思い知らされた三日間でもありました。
年間計画を立ててはみたが年明け早々に着手するべきかどうか、
ということを迷っているうちに終わってしまった、そんな感じです。
これがダラダラと続くかどうかでかなり明暗分かれそうな気はしますね。
次の連休くらいから動き始めるくらいの気持ちでいたいところですが。
ただ如何せん、この連休で自堕落満喫しなかったら
体感的にはもう去年末からずっと無休のまま年度末繁忙期に突入するようなものだったので、
そういう意味では必要な非充実日だったとも思いますが。

年度末繁忙期は諸事情で仕事量が半分カットになった前年度末と違いフルセットの予定。
2014~2015年度末を思い返す限りだと、月二度は半徹夜くらいの修羅場がある見込み。
二年ぶりのフルセットなだけにどこまで効率化を図れるかが勝負どころで、
そういう意味ではまだ火の手が回らないであろう今月前半の立ち回りが鍵になってきそうです。
前年度末はこの点ではかなりイージーな仕事場でした。
慣れてきた後輩に仕事してほしくてなんだかいろいろな駆け引きをしていた気もしますが、
今となってはそれも懐かしい限りです。
今年はその後輩もいないし一体どうなることやら……。

さて今日は特設サイトにて12回目を数えるイベントの最終日でもありました。
某所には敢えて書かなかった反省や今後の見通しをここに書いてしまうと、
まず最大の反省は第11回で露呈した不具合の多さを改善できなかったこと。
前回ほど致命的な不具合はなかったとはいえ、
それでも開催してからボロボロと出てきて、
指摘されるたびに即修正といったことを繰り返してはモチベが削がれていく感じがしました。
やはり作ったものに対して苦言を呈されると恥ずかしいし、悔しい。
それが積もっていくと作っていくことに対する自信が削がれていくんだろうなと。
自信が削がれてしまうと思い切った企画ができなくなる。その結果、企画自体もマンネリしてくる。
実際に今回は本編を種目に加えるつもりでしたが、不具合の恐れがあったため断念しました。

不具合が出てくるのは自分自身のプログラミング能力そのものというよりも、
大会本番で想定されるいろいろなパターンを見つけ出せないチェックの甘さに原因がある気がします。
今はXAMPP環境で適当に投稿テストしてから本番環境に投下しているのですが、
あらゆるパターンを手作業で、しかも一人だけというのはなかなか無理があります。
これをどうやって自動化するかが今後の特設サイト最大の課題になりそう。

ちなみにちょうど去年の元日に始めた「チーム対抗戦」は今回で終わりにしたいと思っています。
代替案はまだまだこれから練っていかなければならないところで、
実は第9回の頃からずっと思案しては挫折を繰り返しているので新企画の実現は微妙なところ。
ただこのままだとまず何よりも既存企画の使い回しでは
自分自身が楽しめないということが今大会でよく分かったので、
次こそは不具合指摘にも負けずにその辺も妥協しない企画作りをしていきたいところです。