#5143

平行線上の未来


web制作

昨日、およそ二年ぶりにこのブログのアーカイブ整理をしました。
PHPでアーカイブを自動出力するプログラムを今の13周年テーマに合わせて改修したり、
758本分の文字数を数えたりタイトルにふりがなを付けたり。
これも全部手作業でやろうとしたら十数時間では済まない規模の作業量ですが、
ほとんど自動化しているものだから1時間ちょいで終わってしまうという。
手作業でアーカイブを取っていた昔の自分は本当になんだったんでしょうね。
半角換算の文字数は約1589万文字、全角換算で800万文字を超えていました。
詳しいデータについては固定ページ「ブログの文字数」に詳細グラフがあります。

このブログは2014年から最低52行は書かなければならないという最低行数ルールを撤廃して、
それでも文字数が減らなかったので2016年には20行以上であれば良いというルールに変え、
自分としては平均文字数はじわじわ減らしているつもりだったのですが、
こうやってグラフ化してみると計っているわけでもないのに見事に平行線なんですよね。
2013年01月21日に一日平均半角3,000文字を超えてから
今に至るまで一度も3,000文字を切っておらず、
かといって一度も3,100文字以上にもならないという微妙なバランスを保ち続けています。
年間合計で1,095,000文字、原稿用紙で言うとざっと一日4枚ちょいということになりますが、
自分にとってはこのくらいが一日分のアウトプット量としてはちょうどいい大きさなのでしょう。
このままいくと全角1000文字到達には18年ちょいかかる計算か。
大分前に「死ぬまでブログを続ければ1億文字書けるのでは!?」
みたいなことを書いた記憶がありますが、半角3000文字のままだと91年かかってしまうので、
本当にそれを人生の目標に据えるならもう少し文字数を稼がないとダメっぽいですね。
5,000文字くらいなら70代には半角1億文字到達できるか……?

とはいえ、いくら質より量重視な日記系自己満足ブログであるこのブログでも、
同じ内容をそんな長期にわたって書き続けられるはずもなく。
やっぱり当面は文字数を稼ぐよりもユニークな記事の執筆につとめたいところではありますね……。
といいつつこの記事自体がループテーマの筆頭格であるところの
「ブログそのもの」についての記事なわけですが。

ちなみにブログ関連では細かな変更点として、
今年から日付時間以外の1桁数字を全角で書くことにしました。
日付時間については、例えば「1月11日」を全文検索しようとして
「11月11日」がヒットしてしまうことを避けるために
今後もゼロ詰め2桁の「01月11日」表記で統一としますが、
それ以外は基本的な書籍の執筆ルールになるべく沿うような形を取りたいと思っています。
あと最近執筆環境周りではATOKやEvernote、秀丸エディタといった文章編集周りが激重極まりなく
ストレスを感じつつの執筆だったのですが、
先ほど今年初めてPCを再起動したら本当にあっさり直りました。やっぱり再起動は大事。
長文の疲労感を抑えるためにキーボードを買おうかと検討しているところではありますが、
執筆環境そのものは当面現状維持のままでも問題はなさそうな気はしています。

長く続けていることだからといって変わらないのが必ずしも良いというわけでもなく、
むしろそれを続けようとする自分が変わらざるを得ない以上は
ブログもそれに合わせて変えていった方が良いのではないかと思う今日この頃です。
これまでは「自分や身の回りは変わっているのにブログを続けていることは何も変わっていない。
これって結構凄いことなんじゃないか」みたいな価値観でしたが、
それだと自己満足の壁を越えられないことがわかったので、
今年はじわじわと変えていきたいなーとは思っています。
なんにしろ急には変われないでしょうけどね。

というブログの現状報告でした。

コメントを残す