#5153

情報を受け流す


文化


今週後半は出勤はおよそ1時間かけてがっつり音楽を聴きつつ徒歩で会社に向かい、
そして帰りはバスで10分ほど揺られてから15~20分歩くというルートを通っているわけですが、
4年目にして初めてバスに乗ったときは最初から最後まで立ちっぱなしで
久々の長時間バスに若干気分が悪くなってしまいましたが、座ってしまえばやはり快適。
バスに乗っている時間でちょうどRSSリーダーの記事をざっと目通しできるため、
自然とニュースをなぞる時間を一日の中に持てるのも良いかなと。
むろん、雪が融けても同じルートを通ろうとは思いませんが……。

今の自分のRSSリーダーが受信する記事数はおおよそ一日1,000本前後で、
昼休みのスマホチェック時にざっと確認する癖は付いていますが、
近年はもはやPCから確認するようなことはなく、未読が溜まる一方でした。
帰宅してしまうともうTweetDeckが「付けっぱなしのテレビ」の役割を担ってしまって
他の情報を吸収する暇がなくなってしまうんですよね。つくづくTwitterって恐ろしい。

RSSリーダーは受信する情報をなんとかして厳選できないかと思い、
『Feedly』からフィルタ機能のある『Inoreader』に移行していましたが、
少し前にInoreaderはフィルタ機能が有料化してしまったのと、
さらに同じ有料フィルタ機能ならFeedlyにもあるということを知り、Feedlyに戻してしまいました。
もともと無料フィルタではキーワード数に強い制限がかかっていて
使い物になっていなかったというのもありますが、しかし依然として必要性は感じています。
ちなみに有料版(Feedly Pro)の料金は5.41USドル/月。
執筆現在の為替レート(109.85円)で、7,131円/年。Pocketのプレミアム版よりもう少し高い。
ニコニコ動画のプレミアム契約料とどっこいどっこいくらいでしょうかね。

有料版契約によって他サービス連携もサポートするようになるそうなので、
情報収集関連の課金をFeedlyに一本化するならアリかも。
今はPocketに年額4,800円払っていて、これが今月末で契約更新となるため
良い機会でもあるしそれまでにもう少し情報収集効率化について考えてみようかなと。
春が来ればますますRSSリーダーをチェックする時間は狭まるでしょうしね。

コメントを残す