#5154

投げ出された就活生


いくばくかの夢を託してついに転職サイトに登録しました。
現在の職場を辞めることはまだ正式決定していないのでややフライングぎみなのですが、
自分が担当しているプロジェクトを次年度もやるかどうかを決める会合が週明けにある見込みで、
今までの上の人たちの話を聞く限り、ついに今年度で一区切りとする可能性が濃厚のため、
またとない生活の節目を逃すまいと、それを見越して先手を打ったというわけです。

とはいえ、例年年度末を少しはみ出す繁忙期を考慮すると、
前々から考えていた3月末退社が現実的かどうか、
そもそも自分にとって一人暮らしが本当に最適解なのかどうかはまだまだ考える余地のあるところで、
とりあえず現段階では一歩目を踏み出してみただけというところです。
退職してから次を探していたのでは今の状況を鑑みるにズルズルとニート生活になってしまいそうで、
それがある意味仕事よりもストレスが溜まりそうな予感がしたので
キリの良い月初に思い切って行動してみましたが、今後どうなるかはさっぱり分かりません。

とか書いていたらさっそく電話相談についての連絡が来ていて、
とりあえず保留でという軽い気持ちで登録しておくことが許されていないような印象を受けました。
ですが、相談相手は必須だけど地元のハローワークに通うのもアレだし……
と思っていたところにむしろこれは絶好のチャンスなのでは??
いつぞやの初就職メール相談のように意識が低すぎるのを叩きまくられる可能性も否定できませんが、
悩みを可視化したいなら誰かにこの状況を吐露するのが一番の早道でもあるということは
今までのいろいろな経験からも明らかなわけで。
土日も受付ということなので歯医者に行くくらいの気持ちで受けてみようかなーと検討中。
ただ、絶対に家族に聞かれたくないのでプライベート空間の確保が問題になりますが。
これのためだけにこの寒空の中、外出するのもなぁ……。

というわけで月初であり木曜日の今日は相変わらずの徒歩通勤。
ですが先週と比べて風は弱いし、帰り道はバスさえ乗れれば15~20分程度で済むということで
連続四日徒歩通勤というほどの疲労感は感じていません。
なんだかんだで7時間睡眠確保できているのも大きいかも。

あと、今日はかねてよりアナウンスされていたATOK 2018のリリース日だったので
PCを久々に再起動してアップデートしてみました。
今回目玉機能であるディープランニングの効果はまだ体感していませんが、
クラウド辞書の表示速度はかなり速くなっていて、書きながら調べる作業の能率が良くなりそうです。
今まで使っていたver.30.0.1(ATOK 2017)は表示までに2秒近くかかっており、
待つのが嫌で結局Webブラウザで検索してしまっていたりしたので、
この習慣が直れば執筆作業高速化にも繋がるかと。

自分はプレミアム契約なのですでに話題の広辞苑第七版も参照できるようになっていて、
例の誤った説明が指摘されていた〈しまなみ海道〉も新しい解説がすでに載せられていました。
ちなみに〈エレクトロニカ〉は大辞林では出ますが広辞苑では出ませんでした。
ATOKでは[End]キーで表示辞書をくるくる切り替えられるので、
こういった辞書ごとの違いもたまには楽しめるといいですね。
そういえばユーザー辞書を整理しないとと思い立ってから何ヶ月経ってるんだ……。
そうこうしているうちに登録単語数は9,881個にもなっていて、
着手するとなるとかなり大がかりの作業になりそう。
という先入観があるとますます着手できなかったりするのが悩ましいところです。
思い切って自動登録単語を全部切ってもいいかなーとか検討中。

0