#5166

どうあがいても、自主規制


眠れないことが確定している三連休最終日の夜に、
賛否両論が飛び交っている例のアニメ『ポプテピピック』(2018年春季、神風動画制作)
をニコニコチャンネルにて第4話まで観てきました。
まぁハッキリ言ってアニメ本編はひどいです。
これを観ることそのものが罰ゲームとして通用するくらいには面白くないです。
なんというか、無遠慮に詰め込まれたパロディネタの影に、
今のアニメ業界そのものに対する強烈な風刺が込められているようにも感じました。
作画崩壊した謎のコーナーにはじまり、絵コンテだけの状態で本放送されたり、
台本の適当さにキレる声優陣のようすが実写で放映されたり……。

このアニメを楽しめる人はパロディの元ネタが分かる人だと思います。
11年前の日常系アニメ『らき☆すた』もパロディがかなり多い作品でしたが、
今回は2000年以前の古いネタが登場したり、かと思えば去年の流行物が登場したりと
かなり幅広いため理解の難易度は上がっていると思います。
というかこれは作品のコードを理解しようとして楽しむアニメでもないですが。

そんなアニメをブログでわざわざ紹介しようと思ったのは、オープニングが素晴らしいからです。
もう本当に本編のクソっぷりはオープニングテーマの凄さを際立たせるためにあるとしか思えない。
いや、むしろ本編のクソっぷりを引き立てるために
オープニングだけは作り込まれているのかもしれませんが。
チップチューンな音をふんだんに盛り込んだEDM調のメインストリームな楽曲と、
シーパンク周辺を思い起こさせる新しさと懐かしさが混じり合ったシュールな映像表現。
とても一度では見切れないボリューム感。とにかく中毒性がすごい。
ちなみに、このオープニングは第1話ではカットされています。
ニコニコチャンネルでは第1話のみ常に無料で視聴できるのですが、
このオープニングが観たかったら216円で視聴制限を解除するかDVDを買うしかありません。
第1話を観て評判通りのクソっぷりだったのを把握したところに
第2話に突入した途端にこのオープニングが流れたときにはかなりの衝撃でしたね……。

第5話以降も観るかどうかは分かりませんが、
とにかく本編とのギャップが凄いオープニングムービーと出会ったという話でした。

0