#5175

片手間の山登り


ゲームのプレイ日記

紹介するすると言っておいて結局紹介できていなかった、最近の購入ゲームタイトルのまとめでも。

#203

(Nintendo Switchダウンロード専売、開発:Chucklefish、2018/01/11配信開始)

一言で説明すれば「ピクセルアートの牧場物語」。
ブラックな企業に従事する生活に疲れ果てた主人公が辿り着いた田舎町。
祖父から譲り受けた(荒れ果て放題の)農地に一軒家を建て、好き放題な生活を楽しむというもの。
農作物の種を買って育てて売りその売り上げで農園の設備を買っていってもいいし、
魚釣りで得た収穫を売ってもよし、食べても良し。
街の人との交流を楽しんでもいいし、一人でダンジョンに向かうこともできたりと、
なかなか自由度は高い。
……という触れ込みに惹かれて買ってみたのですが、
実際には初期状態ではかなりカツカツな体力ゲージに自由を奪われており、
体力回復のために午後4時には寝る生活を余儀なくされます。
「自由度の高さ」が売りではありますがテラリアやマイクラのようなサンドボックスとは違います。
なんでもかんでもやるためには少しずつ少しずつ順序を踏む必要があり、
それを含めて農場経営系ゲームを楽しめる人のためのタイトル。

#204

(Nintendo Switchダウンロード専売、開発:aeiowu、2017/05/02配信開始)

右スティックと左スティックで棒を傾け、
「Seed」を縦スクロールするワールドのゴールへ導く転がしアクションゲーム。
雰囲気がとても独特な世界観で、エレクトロニカ系の音楽が好きな人にはお勧めできます。
自分はまさにBGMがツボでした。
公式サイトのプレビューではランダムに生成されるワールドで自己ベストの頂点を、
と書いてあるのでどこかに実績が残るシステムがあるようなのですが、
ワールド3(?)まで来ている現在、何しろゲーム画面中に文字情報がほとんどないため
どういう風にスコアが計上されているかは分かりません。
イライラ棒に近い感覚で遊ぶことになるので、そういうのが好きな人向けでもあります。
せめて一周クリアするまではやろうかなと思っているところ。

#1617

(iOS、開発:GameJeans、2018/02/08配信開始)

事前登録したのは2017年03月15日、実に11ヶ月の時を経てリリースされたソーシャルゲーム。
PCゲームとしてはすでに一定の地位を築いているMOVA、
いわゆる『League of Legends』などと同じジャンルのRTSをスマホゲーム化した作品です。
iOSでMOVAといえば『Vainglory』がありますが、あちらは2レーンのみであるのに対して、
オーディンクラウンはLoLでもお馴染みの3レーン制になっています(1~2レーンもあります)。
当然PvPもあり、ギルド機能もあり。
スマホにしては操作感はとても良く、周りにプレイする人がいれば楽しめそう。
当然このタイトルにもガチャシステムはあるものの、
MOVAの常として「強いとされているキャラを使えば必ず勝てる」というわけではなく、
立ち回り等を身体にたたき込む必要があり、
逆に言えば☆4以下でも愛着次第でレアキャラに立ち向かっていけるということでもあります。
☆5を持っていたらあとは全部用無し、ということにならないのはいいですね。
自分はもうクラロワ以降がっつりとスマホゲームにのめり込むことはなくなってしまいましたが、
久々にちょっと期待したいタイトル。

#1612

(iOS、開発:Bennett Foddy、2017/12/07配信開始)

Steamで配信され、その理不尽なゲーム仕様が話題になったタイトル。
iOSでも配信されていたのでプレイしてみました。
ツボに入って足が出せなくなった男を、手に持ったツルハシだけで山登りを目指すゲーム。
これだけ書いても意味不明だと思いますが、これ以外になんとも表現しようがないです。
上で『Tumbleseed』をイライラ棒に近い、と書きましたが
それよりもよっぽどイライラするゲーム。ネタ色の濃いタイトルだけどこれはこれで面白い。

*  *  *

以上、4タイトルでした。
最近はあくまでもクラロワがメインではあるものの、
これら積みゲーをちょいちょい遊びつつ、たまにピクミンシリーズといったサイクルです。
本当はここにマリオデを挟みたいところなのですがなかなかその余裕もなく。
ゲーム関係の次の期待作は来月中旬のカービィ最新作でしょうかね。

コメントを残す