#5180

プライベートスタジオ


デジモノ


何を血迷ったか8,000円弱ほどのマイクをAmazonで注文してしまいました。
電話代わりのボイスチャットに良いマイクが欲しかったというのもありますが、
その用途なら現状、話し相手に声が届けばそれでいいので去年買ったUSBマイクで十分です。
それ以上のクオリティを求めて大きなマイクを買ってしまったのは、
最近ゲームコミュニティ界隈でじわじわと音声実況が流行っているからで、
その波に乗っかってみようかなーと思ったのがきっかけ。

自分はずっとアンチゲーム実況としてこれまでやってきたし、
今後もおそらくトークをメインにした動画企画を実行することはないと思うのですが、
その一方でゲームを中心にしたコミュニティの交流手段として、
ゲームをしながら喋るというのは文字媒体には真似できないリアルタイム性があるのも確か。
そもそも自分は去年末にオフ会を主催しているわけで、
声出し以上のことをもうやっているんだし
この界隈内ならそろそろ実況も視野に入れてみてもいいかな、と思ったわけです。
そもそもこう思ったきっかけが、
オフ会参加者の一人が突如として先週末に実況配信をしたからだったりします。

もちろん思っただけで実際に実況ができるかどうかは未知数。
せっかくの高級マイクもお蔵入りになる可能性は十分にありますが、
配信も声出しが「当たり前」になりつつある昨今、自分もそれをする選択肢は持っておきたいなと。
気が向いたらどこかで喋っているかもしれません。

ちなみに買ったのはAVerMediaの『AM310』。
ミュートスイッチを必須条件にして検索していき、わりとあっさりと決めてしまいました。
実家暮らしである以上、周囲の生活音を必要以上に拾われると困るので
正面の音を集中的に拾う単一指向性マイクを選びましたが、
実はこれはオフ会の実況中継を録音するには不向きで、そういう用途でマイクを使う場合には
もしかするともうひとつ買うことになるかも。オフ会を二度もやる機会があるのかはわかりませんが。

コメントを残す