#5181

圧縮されない圧縮


デジモノ


会社のPCやら共有サーバーやらを整理しようという面倒くさい提言があったので、
しぶしぶと仕事の合間に整理することにしていたのですが、
捨てるとあとでまったく参照できないのはいやだ、
かといって自分が管理しているデータは合計で300GBほどもあり、
サーバーを圧迫している第一の原因になってしまっているのも確か。
どうにかならんものかといろいろ試していたところ、
7zという圧縮アルゴリズムがとてつもなく高い圧縮率で固めてくれることがわかり、
仕事中、バックグラウンドでひたすら圧縮してもらっていました。
ファイルにもよりますが圧縮率は元サイズの8~9%前後。つまり1GBなら約80MBというわけです。
あまりにも容量が縮まるので最初は本当に復元できるのかと心配になってしまいましたが、
どうやら大丈夫のようです。7zって凄い。
(もちろん圧縮率自体は圧縮するファイルによって大きく変動します)

あまりにも感銘を受けたので、これは是非プライベートにも活用しようと思い立ちました。
先日もちょっと話題にしたHDD換装の件は、
何はともあれ4TBあるNASの中身を一度空にしなければならない都合もあり、
かといって内部HDDに余裕があるわけでもないのでなかなか進展していなかったのですが、
7zを使って使わないファイルを片っ端からアーカイブ化すれば
一気に容量が削減できていろいろ解決するのでは??

と思ってさっそく動画を圧縮するのですが、出てきたファイルの圧縮率は98%。
つまり1GBなら約980MBということになります。何これ。
どうやら、同じような中身が続く大量のドキュメントファイルに対しては圧縮は有効ですが、
元々それ自体が動画エンコーダーによって圧縮されている動画ファイルは、
ファイルの中身が複雑化していて圧縮できる余地がないようです。
プライベートPCを圧迫しているのはほとんどがゲームプレイ動画であるため、
アーカイブ化で問題を解決するのは難しそう。
大量の動画にバッチを当てて再エンコードして、一括でビットレートを落とすとか……?
そんなことできるんだろうか。

来月の18日に購入から丸四年を迎える二代目PC。
その契機にHDDの換装は是非しておきたいところでしたが、
その前にもう少し容量削減の方策を練っていこうかなと思っています。
要らないものを思い切って捨てるのが一番近道であるとは、まぁ分かっているんですけどね……。

コメントを残す