#5204

自動追尾記録


文化


少し前に書いた「ひとりスポッチャ」を実行するべきかどうか迷いつつも、
週末の運動不足解消のためにお出かけ先をGoogleマップで探索していたところ、
例のゲーセンをクリックしたら「4年前に訪問した場所したです」と教えられました。
Googleのロケーション履歴によると2014年02月26日に駅周辺とゲーセンに行っていて、
日付をもとにブログのアーカイブを辿っていくと確かに「二代目PCの候補を探す」
という名目で外出したことが書き残されていました。
当時はまだAndroidだったので、Androidに入れたGoogleアプリが記録していたんでしょう。
履歴全体を辿ってみると2014年01月から08月までロケーション履歴が残っていて、
会社に通勤していた跡なども残っていました。
アプリを入れてから機種変更するまでの間まで記録されていたようで、
iPhone 5sにしてからもGoogleアプリは常に入れていたはずですが、
位置情報設定を「アプリの起動中のみ」にしていたため、それ以降は記録されていなかったようです。
面白いので今回を機に記録を取ることにしてみました。
2015年03月からは『Moves』というアプリでトラッキングログは取っていますが、
これはもともと歩数計の代わりに使い始めたこともあって
マップ上に足跡を残すというものではなかったので、
歩数としては残せないGoogleロケーション履歴とはうまく共存していけそうです。
バッテリーの負荷は大きくなるでしょうが、まあiPhone 7Plusなら大丈夫でしょう。

ちなみにひとりスポッチャは、ネットで軽く検索してみた限りでは
アーケードゲームのフリープレイ目的で行く同志はちらほらいるみたいですが、
グループ率はかなり高く、ひとりミュージアムよりはややハードルは高いとみて良さそうです。
決行するとしたら人が少ない時間帯に確実に行ける三連休初日深夜とかでしょうかね。
地元唯一のラウンドワンは、周辺にアミューズメント施設がないこともあって
普段の休日では人がごった返しているので、なんでもない二連休に行くのはちょっとキツそう。
まぁ当然の如く大連休ならもっと混むでしょうが、
前回行ったときの感じだと深夜営業する日の深夜帯はほとんど人がいなくなるので
人目を気にするならその辺が唯一のチャンスなのではないかと。

コメントを残す