#5208

日記の最小単位


web制作


昨日の『小さな習慣』にとても感銘を受けた、
というよりブログ低迷脱却のための良い足掛かりになるのではないかと思い、
具体的にブログを身につけたい習慣とみなしたとき、どのような目標設定が良いのかを考えました。
といってもこれは悩む必要はありません。
「10分で必ずできる、ばかばかしいほど簡単な目標」をブログに当てはめれば、
その“小ささ”はそのまま文字数というステータスが表しています。
であれば究極的に小さい目標というのは「1文字」ということになります。
0文字では書いたことにならないので、それを除く最小は1文字。
とはいえこれは数字上の問題で、
実際には本文に「あ」と書いて投稿するだけの記事に何の意味もありません。
それは毎日投稿できていてもブログとしては体裁が崩壊していると言えるでしょう。
というわけで、自分にとっての最小目標は「意味のある一言を書く」と言えそうです。
それは作業としてもかなり細分化でき、「一言を書く」と一口に言っても
記事には必ずタイトルやタグが付随するし、WPを開いて投稿する作業もタスクのひとつになります。
何よりも無視できないサブタスクが、「一言を表現するためのアイデアを考える」、
つまりネタを絞り出すということです。

結局のところ書く作業を突き詰めれば文字数という目標はあってないようなもので、
ネタを思い浮かべられるかどうかというところが核心になります。
ネタにも書きやすいネタから書きにくいネタ、お上品なネタからお下品なネタまでいろいろありますが、
ここで「良いネタ」に絞ってしまうと最小目標にならない気がするので
捻出するべきネタは単にひとつ考えればとりあえず良いことにしましょう。
ということで、とりあえず文字数かネタかというところまでは決まりました。

「一言を書く」というアプローチなら、文字数を視覚的に記録する方法がほしい。
ということで目標達成アプリをざっと探してみたのですが、
昔ほぼ同じ目的でインストールしたことのある「Habit Keeper」が最も無難そうです。
最低文字数の設定は、一言を平均的な一文と定義してざっくり20文字くらいでしょうかね。
「アイデアを出す」というアプローチなら、目標管理アプリで検索すればやまほど出てきますが、
冒頭の書籍でも紹介されていた「Productive」はフリックだけでチェックできるので、
「やった」「やらなかった」だけでステータスの記録が不要ならこういったものが無難そう。
目標管理アプリはこういう形式が主流で、他にもたくさんあります。
個人的には「Today」がデザイン的にもっとも良さげだったのですが
あいにくiOS 10.2非対応とのことで断念。

「アイデアを出し、アイデアの内容を記録する」というアプローチだと、
文字を記録する必要があるので
いわゆる目標達成・管理系アプリにはそうそう該当するものはなさそうですが、
これも以前インストールしたことのある「Day One」のような簡易日記アプリなら
こういった目的にも応えてくれそうです。
個人的には具体的アイデアを残すことを最低目標にするなら
Evernoteで着想メモとの連携は必須にしたいところですが、
Evernoteの内容を上手い具合にカレンダー表示してくれるアプリなんてあるんだろうか……。

まぁあんまり複雑化しては本末転倒なので、
とりあえずは「Productive」系の目標管理アプリを使うことにして、
「アイデアを出したらチェックする」というのが無難なところでしょうか。

ということでこのブログは長らく52行が下限、去年くらいから20行が下限となってきましたが、
まもなく「下限1行」という新時代を迎えようとしています。
それでも続かないようだったらそのときはそのときで。

コメントを残す