#5259

記憶を繋ぐ一点


思いがけない残業フィーバーからの帰宅後だらだらWikipediaで01時を過ぎてしまいそうなので、
さっくりと思い出話でお茶を濁すことにします。

残業中に上司から缶コーヒーを恵んでもらったのですが、それというのがUCCの微糖でした。
自分は缶コーヒーはほぼ伊藤園のカフェオレ一択(会社に伊藤園の自販機しかない)なので、
UCCのコーヒーを飲んだのはかなり久々でした。
自称甘党の自分にとっては微糖というと「全然甘くない」と感じるのが常なのですが、
これはわりと甘くて飲みやすかったですね。

で、コーヒーそのものとは全然関係ないのですが、
UCCと聞くと何故か幼少のころを思い出します。
というのも親がこれのインスタントコーヒーをよく飲んでいたのですが、
このラインナップにはよく袋の中にコーヒーに埋もれて銀色のクーポンが入っていて、
一定枚数のクーポンを集めるといろいろな景品と交換できるというものでした。
で、もしやと思って調べてみると、クーポンキャンペーンはまだ継続していました。
自分が物心付いてまもなくの頃からあるはずなので、ざっと20年以上続いている計算に……。
こういう些細な思い出が微妙に姿を変えつつも今も継続しているとほんのり嬉しいですね。
自分がクーポンの収集係だったのですが、
このおかげでコーヒーの会社といえば今もまっさきにUCCを思い浮かべるし、
その記憶が強烈すぎて他にコーヒーを作る会社はと言われてもさっぱり思いつきません。

ポイントは結構貯めていた記憶があるのですが、
最終的に景品と交換したのかどうかは覚えていません。
1990年代後半はポイントを集めて景品交換というサービス展開を何かと見かけた気がしますが、
今はそれがポイントカードに代わったからか、景品交換自体は見かけなくなって久しいですね。
そんななか未だにある『春のパン祭り』ってなんだかんだで凄いよなぁ、
と勝手に関心しつつも、いつまで経っても手元にポイントは溜まらないのでした。

0