#5262

高架路線の影で


文化

地元の駅で廃止になる路線に立ち入れるイベントというのがあり、
行ってみようかなと画策していたのですが、起きたらもう受付時間になっており
Twitterで評判を見てみたら長蛇の列ができているとのことで断念しました。
行こうかなと思ったイベントが、こんな風に睡眠時間によって狂わされるのはこれで何度目だろう。
まぁ、その程度の意欲だったと思えばそれまでなんですけどね。
眠気を押してまで行きたいとは思っていなかったということで。

ただ、今回もそうでしたがそんな風に「まあいいや」と見過ごしてきたものが、
後々になって予想以上に話題になっていて「やっぱり行けばよかった」と思うことは意外とあって、
自分はこういう催し物に参加する前に、
ある程度自動的に面倒くさいと思ってしまう癖があるのかもしれません。
それを自覚できるかどうかでも大分違うとは思うのですが。

コメントを残す