#5265

こだわりの減衰


音楽

2015年明けに買って以来ずっと現役で使い続けているヘッドホン『MDR-A1DAC』ですが、
ついに右側のヒンジ部が壊れてしまいました。
まだまだ使おうと思えば使えるのですが、さすがに替え時かなーとも思っています。
イヤーパッドがボロボロになり、それを替えてまで運用を続けてきた愛用ヘッドホンですが
限界が近付いてきているのかもしれません。

とはいえ、2015年当時あれだけ執着していた音質のこだわりも
今ではもうなくなってしまったんですよね……。とりあえず、そこそこの音質で聴ければいいか、
という程度で、とてもヘッドホンに3万円以上出したい気分ではありません。
だからこそ次を買う機会がいつまで経ってもやってこないというのもありますが。
結局ハイレゾとはなんだったのか……。

ハイレゾ環境は、上記のヘッドホンと同時購入したアンプによっていちおう出力はできるものの、
肝心のハイレゾ音源が2018年になっても多く出回っていないため、
ハイレゾの良さを理解する以前にそういった超高域音源に触れる機会さえないというのが実情です。
自分が主に聴いているエレクトロニカ界隈はかなりのマイナージャンルということもあり、
なおさら通常の流通とは別にハイレゾで配信といったことがされにくいんですよね。
音質マニアが比較的好みやすい界隈だとは思っているのですが……。

まぁ、ハイレゾはともかくとして壊れたならいずれ買わざるを得ない日が来るわけで、
価格帯を敢えてグレードアップする必要はないにしても、
少なくともMDR-A1DACとは違う音の表現ができるヘッドホンを探したいところです。
たまにはSONYやAUDIO TECHNICA以外のメーカーから選んでみるのもアリでしょうかね。

コメントを残す