#5270

家の中の雲


少し前にクラウドストレージ乗り換えを検討しているということを書きましたが、
あれからなかなか良さげなWebアプリを見つけました。その名も『ownClowd』。
なんと自分のWebサーバーをクラウドストレージに変えるというものです。
PHP+MySQL+JavaScriptなので導入も簡単。
Dropboxなどの一般的なクラウドストレージはデータの保管場所は基本的に共用となっていて、
以前調べた通り、無料15GBが関の山。Dropboxに至っては通常2GBです。
また、これはあくまで噂レベルの話であるという前提はありますが、
一般にこのような大手サービスはサーバーの所在する国の法律に従って、
ある程度検閲されていると言われています。
Evernoteもその例外ではないということは肝に銘じておかねばならないのですが、
ともあれ、自分がノートの片隅に書いてある黒歴史の諸々は、
今のところ海の向こうの見知らぬデータセンターに置いてあるはずです。
これらは、検閲はともかく流出してしまう危険性も少なからずあります。
昨今、いろいろなサービスで「GDPR」絡みの利用規約改定がさかんですが、
クラウドストレージも決して他人事ではありません。

その点、『ownCloud』は自分が管理しているサーバーなので、
ファイル暗号化まで自分で管理できる以上、流出はともかく検閲はあり得ません(たぶん)。
流出に関しては要はセキュリティ設定を甘くするとその分リスクがあるということですが、
逆に言えば自分ができる範囲でいくらでも強固にできるということ。
ファイルそのものを全部暗号化してしまえばサーバー管理者にすら何があるかわかりません。
そしてやっぱり特筆すべきは容量で、自分のサーバーにある空き容量は使い放題。
で、このブログが置いてあるサーバーの空き容量がこちら↓

このブログだけでたぶん1万ページ以上あるかと思いますが、まだまだ16GBしか使っていません。
残り約280GBが使われずにいるということになります。これで有料なんだから勿体ない。
このスペースを丸ごとクラウドストレージに使えるというのは願ってもいないことでした。
とはいえ、実際には容量よりもアプリの使い勝手次第みたいなところはありますが……。
そこさえクリアできればDropbox卒業もアリかもしれません。

今、試しにインストールしているのですが、
パッケージファイルが大量でWebDAVの転送が終わらなさそうなのでインストール報告はまた今度。
こういうのってやっぱりSSHとか使った方が早いんですかね……。

0