#5280

軽薄な契約


文化


眠くてヘロヘロなので一週間前にちょっと思ったことでも。
先週末頃、Twitterを一時休止するにあたって、またまた代替コミュニティツールを探していました。
そのときに強く思ったのは、簡単に見つかる相手というのは、
疎遠になるのも同じくらい簡単なんだなぁ、という、当たり前と言えば当たり前の結論でした。
具体的に書くのは憚れるので詳細は書きませんが、
いわゆるSNSでもないし匿名掲示板でもないし出会い系でもありません。
いわばこれらすべてにさえ適合できない人のためのコミュニティツールとでも言いましょうか。
そういったところに発信のきっかけを求めていってある程度リアクションも貰えたのですが、
ことごとく続かないし、自分もそれをどこかで「まあいいや」と冷めた目で見てしまっている。
なんでそう思ってしまうのかというと、
一人目がダメでもいくらでも二人目、三人目がいるからなんだということに気付きました。
しかもそれが自分だけが思っているのではなく、参加者の誰もがそう思っている節がある。
だから今の会話相手に対して真剣に気に入られようとしない、知ろうともしない。
なんだかこういう上っ面だけの交流はいつぞやの街コンが懐かしかったですね……。

上っ面の交流を続けていけば芽が出るものなのか分かりませんが、
少なくともネットはあまりにも手軽すぎて、
却ってその可能性を潰しているのではないかと改めて思った次第です。

コメントを残す