#5281

空気を押す


デジモノ


三日前に壊れたキーボードの跡継ぎとなる二代目キーボード、FILCO『Majestouch2 (SILENT RED』
が届きました。パンタグラフでもなくメンブレンでもない、初めてのメカニカルキーボード。
このモデルはその中でも静音性を重視したモデルです。おおよそ11,700円ほどでした。
開けてみるとフルキーボードとしては標準的、どちらかというとコンパクトなサイズですが、
かなりの重量感で持ってみるとずっしりきます。USB接続は難なくクリア。
有名タイピングブラウザゲーム『寿司打』上級モードで何度か文字を入力してみましたが、
レスポンスもさしあたり問題なく、確かに静音性はかなりのもの。
キーボードでおなじみの「カチャカチャ」という音ではなく、「スコスコ」といった感じ。
打ち心地もまさにスコスコと空気を押しているみたいで、打鍵感は軽すぎてほとんど無いです。
キーボードはかなり沈みますが、沈ませなくても少し触っただけで反応してくれるので
慣れれば力を抜きながら長文タイピングができるようになりそう。
そういう意味では、長文タイピングのためにあるといっても過言ではない自宅のキーボードとしては
かなり良い選択をしたのではないかと思っています。
ただしあくまで慣れれば、であって今のところちょっと誤タップ多目な感じ。

あと、自分としてはメカニカルキーボードといえば
あの「カチカチ」といった打鍵感があってこそという先入観もあったので、
あれがまったくないのはちょっとギャップがあったことは否めず。
なんというかクリック感がないともどかしいというか……。
これとは別に茶軸キーボードもほしいなーと少し思ってしまいました。
ちょっと余裕があったら茶軸辺りを買ってみて使い分けてみるのもアリ……かも?

コメントを残す