#5290

再利用即興戦


ゲームのプレイ日記


突如我が家でブームになっている『マジック:ザ・ギャザリング』、ブースタードラフト戦。
先週と先々週でストックしてあったブースターパックはすべて消化してしまったので、
今日はその開封したカードをすべて整理してキューブドラフトというルールで遊んでいました。

キューブドラフトとは、一言で言えば開封済みのカードで行うドラフト戦。
レアリティを均一にした15枚の山をたくさん作って疑似ブースターパックとして、
その山をひとつ取って1枚ずつ取っては回していくというものです。
やってみた感じだと、始まってしまえばあとはいつものブースタードラフトが楽しめるいっぽう、
公平性を維持しようとすると事前準備にかかる時間はかなりのものです。
ただ、その手間を払えば、普通は1プレイ一人当たり1,350円かかるプレイ費用が無料になるので、
パックをすべて開けたあともやりたい場合は十分アリかなと。
ブースタードラフトは最初のピックで見たことのないカードと出会うワクワク感が醍醐味であり、
キューブドラフトにはそれがないというデメリットもあるにはあるものの、
裏を返せば「誰もが知っているカードプールで如何に戦うか」という戦略性が存在するともいえ、
後者はある意味ドラフト戦の練習にも良さそうな気がします。

キューブドラフトはとりあえずすべて開けたブースターボックスで一度はできるかなと。
ただそれだとやっていることはブースタードラフトから新鮮味を取り除いただけなので、
キューブドラフトならではの遊び方を模索していきたいところです。

コメントを残す