#5292

均衡は崩壊した


文化

ワールドカップ2018・日本初戦となる対コロンビア戦、まさかの勝利。
開始3分で相手がハンドによるレッドカード退場による11対10による対戦になり、
ここで負けたら「1人少ないのに負けた」というレッテルを貼られてしまうことになり、
ある意味最悪のプレッシャーなのではないかと思いながら見ていました。
GKのミスで1点返されやはり不安が募る中、
後半にコーナーキックからのヘディングシュートが決まり勝ち越しの追加点。
そのまま逃げ切る形での勝利となりました。

これまでのワールドカップの歴史上、アジア勢は南米勢に勝ったことが一度もありませんでした。
当然日本代表も勝ったことはなく、
前大会である2014年はまさにコロンビアに敗れて予選落ちとなったわけですが、
今日の試合はその歴史を覆してしまった一試合でした。

何より凄いのは、開催直前の監督交代劇からの練習試合敗北の連続、
そして前日の大地震発生とこれだけの逆風が吹くなか、
しっかり勝ちきっということだろうなぁと思います。
日本代表の過去戦績では、初戦で勝った年は必ず決勝リーグへ進んでいるのだとか。
逆風に負けずに2戦目以降も頑張ってほしいものです。

コメントを残す