#5296

沈没した親知らず


自分

3ヶ月に一度の歯の定期検診に行ってきたのですが、
そこでついに左下の親知らずが虫歯になっていることを宣告されました。
口内ケアでそこそこ気を付けていた部分ではあるのですが、無駄なあがきでしたね……。
前の定期検診で突然抜くことになった右上と違って、
左下は半分埋没しているため歯科衛生士の人いわく「抜くなら大病院に行くことになる」とのこと。
とりあえず今回は様子見ということで
次回の定期検診で抜くか埋めるかの判断をすることになりました。
虫歯ならふつうは「じゃあ二週間後からまた通ってもらって治療を」ということになるのですが、
これだけ悠長なのはこのクリニックでは最終的にはどうしようもないからなのか……。
次の検診を待っている間に悪化したらどうしようもないと思うのですが。

とりあえず3ヶ月後は痛まない限りは抜歯ではなく補修ということでその場凌ぎをするつもりですが、
いずれにしてもいつか覚悟を決めなければならないとは思っています。
それにしても、親知らずとかいう生きていくうえで邪魔にしかならない歯は
なんで存在してしまっているのだろう……。
何千年・何万年も未来になったら、ヒトも進化して親知らずを失っていたりするんでしょうかね……。

コメントを残す