#5314

ふわふわ時間


文化

最近知ったのですが、海外では『ASMR』というものが一部界隈で流行っているそうです。
ASMRとはAutonomous Sensory Meridian Responseの略で、
Wikipedia先生いわく「該当する日本語が今のところ存在しない」とのことですが、
ある刺激に対して頭がふわふわとして良い気持ちになる反応を指して言う言葉だそうです。
頭がふわふわする「ある刺激」には人によっていろいろな事例があると思いますが、
自分の場合はある秋の日に、近所の人が落ち葉をほうきで掃いているのを聞いて、
この感覚におちいったことがあります。
ネットコンテンツではバイノーラル録音という立体音響の録音技術によって
このASMRを引き起こすトリガーとなるコンテンツを作る文化がひそかに流行っていて、
たとえば理容室で散髪しているところを忠実に再現してみたり、
耳かきされているところを再現してみたりしていて、
それをヘッドホンで聴くとあたかも実際にそれらを自分がされているように感じることができます。
ちなみに立体音響技術のコンテンツ自体は昔からあって、
自分が知る限りでは2007年にニコニコ動画で『立体音響技術 ホロフォニクス
という動画ではすでにクオリティの高い録音が紹介されていた記憶があります。

それ以外にも2010年にはiOSアプリ『Ambiance』が定期的に環境音を配信していて、
雪道を歩く、カヌーを漕ぐといった立体音響コンテンツを睡眠導入に使っていたりもしましたが、
今思えばあれもASMRの一種だったと思います。
特にカヌーはとても秀逸で睡眠導入のためには何度もお世話になりました。
Ambianceの更新は止まってしまっていますが、音声はこちらから聴くことができます。

これからは眠れないときはASMRコンテンツを探してみるのもアリかもしれませんね。

コメントを残す