#5350

変化か脱却か


web制作


また「ブログそのもの」の話題ですみません。

今夏にブログを自主凍結してしまったことを受けて、
じゃあアニーバーサリーを機にもう書き方を変えようという話になったわけですが、
いざ、その方針を決めるための最初の休日を迎えて思ったのは、
自分はとんだ思い違いをしていたのではないかということでした。

繁忙期やメンタルダウンでブログが書けない日がちょっと続くともう存続危機に陥ってしまう、
だからその解決のために積極的に話題をストックできる体制を作っていこう、
いわゆる「ただの日記」からはもう脱却しよう、
というところまではまあ筋が通っていると思うのですが、
その実現のために既存の執筆方針を丸ごと変えていく必要は果たしてあるのか、という。
むしろ慣れた書き方を捨てることによる弊害の方が大きいのではないか、という。

今月初頭に考えた方針は、モブログ環境を整えるだけでは絶対的に不十分なので、
その代替案として考えたのが「文字数400文字以下の新カテゴリを開設する」というものでした。
今まで使ってこなかったネタなら沢山あるのだから、
それを文字化さえできれば枯渇することもないはず……という目論見です。
話題ポストを設置してみたのもその一環です。

しかしいざそれらネタをリストアップして文章化しようとしてみるのですが、できない。
そりゃそうだ。だってそれらは想起した当時にとってはボツネタに過ぎないのだから。
自分がやろうとしていたことは革新的なことでもなんでもなく、
ごみ箱からネタを拾って文章化しようとするというものだったわけで、
それはいざ文字化しようとしてみてもさっぱり上手くいかないということが改めて分かりました。
ネタ単体としてはどんなに魅力的に見えても、
それを文字化できないからこそボツネタになったということなんでしょう。

というわけで記事ストックの件で考えなければならないのは古いネタの再利用ではなく、
書きたいと思う新鮮なネタをいかに「思いついたらすぐに書くか」なのではないかと。
こう考えると、最初のモブログ環境整備案の方が方向性としては間違っていないのかも……?

まぁ、もう少し時間はあるので試行錯誤は続けていきたいと思います。

コメントを残す