#5355

背負うものたち


デジモノ 文化


これからまた増えてきそうな機種変関係の話。

今のキャリアに留まる限りは4年縛りかつ下取り前提という現状に嘆き、
いかにしてiPhone 7Plusを使い続けるかというところから模索を始めた2018年機種変問題。
とりあえず契約更新月を迎えるのは再来月なのでまだまだ先の話ではあるのですが、
実は今は早くも手のひらを返し、最速日程で最新iPhoneを買おうかな……などと思っています。
もちろん、その場合でも4年縛りは選ばず、先日の機種変妄想エントリーでも書いたように
「他キャリアにMNPして2年縛り更新」というのが現状もっとも無難な選択と考えています。

いまは『iPhone XSPlus』と呼ばれるようになっているiPhone最新・最上位機種は
最初はやはり32bitアプリを切り捨てるには魅力が足りないと思っていたのですが、
調べていくうちに、どうやらそうでもないらしいということが分かってきました。
そう思わせた要因というのが、どうやら今度の最新機種のうち、
有機EL液晶となる上位モデルについてはApple Pencilに対応するとの情報です。
もちろんうわさに過ぎないのですが、
残念というべきかiOS端末関連のリーク情報は正確性が高すぎるので
この発表直前の時期に出てきた情報はかなりの確率でAppleのイベントでも発表されます
(もちろん発表されない可能性もあります)。

Apple Pencilというのは要するにペンタブのペンです。
これによって、タッチペンによる疑似手書き入力がようやく実用レベルになるということ。
文章だけならさすがにわざわざ手書きする必要性を感じませんが、
メモしたい事柄というのは文字情報に留まらないことを考えると、十分利用価値はあると思います。
ペンホルダー付きのスマホケースもリリースしてくれれば完璧ですね。
ちょっとした時間の落書きが捗りそう。
ともあれ、デジタルの進化が巡り巡ってアナログ体験をもたらすというのは、
個人的にかなり面白いと思った次第です。

あとはiOS11~12で確実に重宝するであろう機能は、パスワードの一元管理。
APIもあるそうで、サードパーティー側さえ対応してくれれば
既存のパスワードライブラリも純正キーボードから使えるようになります。
自分はキーボードもサードパーティー製なのでその切り替えがネックになりますが、
1Passwordを毎度起動する手間に比べればそんなのは微々たる手間です。
目玉のAR Kit2などは対応アプリ次第といったところでしょうかね。
『ポケモンGO』に続く革新的なARゲームは果たして登場するのかどうか。

というわけで当面は09月12日と噂されるAppleの公式発表会を待つ日々になりそう。
その前にやっぱり否が応でも引き継げるアプリは明らかにしておかないと……。

そういえば甲子園決勝、結局モニタの隅に中継動画を置いて音声なしで観てました。
第1イニングを終えて思ったのは、この18やそこらの選手たちは、
いったいどれほどのプレッシャーを抱えてマウンドに立っているんだろうということ。

「――東北初の優勝旗を自分たちで取りたい。公立高校、農業高校の代表として、
勇気づけられるような戦いをしたい」

(朝日新聞 2018年08月21日朝刊・1面より引用)


金足農業高校は結局大差で負けてしまいましたが、地元や応援していた人たちの声が、
勝負前の「熱狂」から温かい視線へと変わっていくさまが印象的でした。
せめてフルボッコは見せないで……と言っていた昨日の自分の願いもむなしく、
フタを開けてみれば「奇跡の起きなかった2009年決勝」のような試合だったと感じますが、
勝負後の(ネット上の)声を見聞きするかぎりでは、
ナインの気持ちは少なくとも地元には届いているのではないでしょうか。

そして大阪桐蔭高等学校はそのラスボス的強さを遺憾なく発揮し、
ついに「第100回にして二度目の春夏連覇」という栄誉をつかみ取るに至りました。
本音を言えば下克上が観たかったけれど、それでもおめでとう、と言わずにはいられません。
なんだかんだで2009年以来毎年観ている甲子園、第100回の節目の今年はこんな幕引きでした。

コメントを残す