#5364

直前にして空虚


今日の出来事


指定時間に起きなくても許される喜び。いやー、気持ちいいですね。
休日の恩恵のうち半分くらいはこれに占められている気がしますね。
今回自分は4連休ですが、そのうち3日目と4日目には昼過ぎに外出イベントがあるため、
実質的に同じようなダラダラが許されるのは今日と明日のみ。
しかしそのうち明日はアニバーサリー前日ということでいろいろあるだろうしということで、
本当に気を許せるのは本日のみ。ということでとことん寝ました。
01時就寝から12時ちょっと過ぎまでがっつり11時間弱。
実際には2日分には満たないのですが、2日分くらい寝たような気分です。

起床直後は今秋配信開始の任天堂×CYGAMESのスマホゲーム、
『ドラガリアロスト』のNintendo Directが急遽配信ということで観ていました。
感想を一言で言えば、後発の白猫プロジェクト。
『白猫プロジェクト』といえば、ソーシャルゲーム界隈でおそらく最も成功している
マルチプレイ3Dアクションゲームで、
そこに使われている「ぷにコン」という技術を特許登録しようとしたら任天堂に訴えられた、
というのは記憶に新しいところですが、
しかしまさか類似タイトルをぶつけて追い討ちをかけにきた……というのは考えすぎでしょうか。

『白猫プロジェクト』自体は、マルチプレイが当初2人でしか遊べなかったため、
ローカルマルチプレイタイトルとしてはほぼスルーしていたゲームでした。
マルチプレイアクションそのものは2009年前後に凄い勢いでハマったタイトルなので、
ああいうシステムなら大いに期待できるのですが、
『白猫プロジェクト』は結局クエストで得られるのは経験値だけでガチャがすべてだった、
というのがマンネリだったんですよね。

そういう意味では個人的に『ドラガリアロスト』は、
クエスト中にもアイテムドロップがあるなど、
ガチャ以外の通常プレイ中にロマンを追いかける要素があるかどうかで大分明暗が分かれそうです。
それがなければ、ガチャするだけのタイトルはスマホゲーム界隈にやまほどあるし、
アクションの爽快感だけを求めるならコンシューマーに秀逸なタイトルがいくらでもあるわけで。
その辺がどう絡み合ってくるかが重要なわけで、
期待するかどうかはまだ続報次第といったところでしょうかね。

放送を見てからはQMAリウムをたまに遊びつつ、
久々に趣味系作業をしていましたが、ながら作業ともあって没頭するほどではなかったし、
内容としても、もう仕上げ段階で細部修正ばかりだったのでなんだか地味な一日でした。
まぁ、例年のようにブログの下書き投稿やらなんやらに終われる年度末ではない、
ということだけは誇らしいですが、静かすぎるといえば静かすぎるような気がしないでもない。
何かまだやり残したことがあるようなこの空虚感はきっと気のせいではないのでしょう。

コメントを残す