#5372

節目の隙間


デジモノ


正式発表が目前まできている新型iPhone、少し前までは機種変するつもり満々でしたが、
ここに来て再び迷いが生じています。ので、その辺の心境整理を。

自分が今回、いわゆるiPhone X系統のiPhoneを買おうと考えたのにはいくつか理由があり、
その中でも有力なメリットとして数えていたのが「Apple Pencilに対応している」という情報でした。
これが本当ならインプット手段がさらに増えることになるし、
それは紛れもなく今までのiPhoneにはなかった体験です。
九年続いている着想メモ(アイデアメモ)は新たに手書きで書くという選択肢が増え、
微妙に文字化が難しいシンボルマークなどのアイデアを残すことも可能になると。

これが生活においてマストアイテムになる、と必ず断言できるわけではないですが、
スマホを選択するにあたって大きな魅力であることは間違いないでしょう。
しかしその後入ってきた情報によると、どうもこれらは実現しない可能性が高いとのこと。
まぁ、噂に振り回されていると言ってしまえばそうなんですが……。

あとは機種名。新型iPhoneは「11」というコードネームで呼ばれていることから、
機種名はそのまま「 XI」になるのではないかという噂があり、
もしそうならなかなか格好良いなと思っていたのですが、
現在有力とされている機種名はそれではなく「iPhone XS Max」だそうで、
うーん……。なんだろうこの絶妙に好きになれない感じ……。

まぁ、どれもこれも非公式である以上、本物は09月13日にならないと分かりませんが、
しかし最新情報を追っているかぎり、どうも機種名も不穏な空気が流れています。

しかし機種名が何であろうが、Apple Pencil非対応であろうが、
当初の機種変理由であるところの「全画面スマホである」ということと、
「二年縛り満期である」ということとは何ら関係ないという現実もあります。
ノッチがあるからという理由で敬遠するならおそらく2019年も敬遠することになるだろうし、
二年縛りをこのままスルーしてしまうと、最新料金プランと比較して毎月4,000円ほど損になる。
そういうデメリットを考慮すると、これらの心配事は些細なことなのかもしれません。
それでも「完璧」を求めてしまうのが機種変に悩むときの性であり、楽しみでもあるんですけどね。

コメントを残す