#5397

てのひらの解放


デジモノ


携帯のプラン変更手続きをしてきました。
携帯ショップに入ったのは2016年09月26日以来、現行機種を使い始めて以来です。
二年を過ぎたのでこれから二ヶ月間が契約更新のための猶予期間ということになり、
iPhone XS Maxに機種変更するか否かという選択に悩み続けたわけですが、
最終的に今年は保留するという結論に至りました。理由は単純、魅力とコストが釣り合わないから。
機種変更による毎月のざっくりコストは、端末代が18万円で毎月割が月2,000円なら5,000円の増額。
総額にして12万円です。iPhone 5s→iPhone 7Plusはそれくらいの価値はあったと思いますが、
iPhone X系統への機種変はホームボタン、指紋認証など捨てるものも考慮しなければならないため、
そこにきてさらなる増額はさすがに盲目的にハイ買いますとは言えない状況。
最終的にはFace IDに移行する日が来るとは思っていますが、
それは2018年ではないという結論に至りました。
端末代が一気に上がったのにサポートの割引金額が月2,000円台止まりなのが痛手でしたね……。

というわけでauショップに入店。簡単なアンケートの後、研修生の席に通されました。
もうほとんど十中八九ピタットプランに決めているのですが、
プラン見直しの相談という名目でいろいろと価格比較などをしてもらいました。
話を聞いていて自分が想定していたのと違ったのは、
まず二年契約と更新月の概念は
「プランの継続月数」ではなく「キャリアと契約している月数」なんだそうです。
自分の場合はauにMNPしたのが2016年09月26日なので、
その翌月を起点とした24ヶ月目末が契約の更新日で、翌月と翌々月が更新月ということになります。
てっきりプラン自体に二年縛りが存在するものだと思っていましたが、
この話だとプラン変更は別にそういう制約があるわけではないということに。
もちろん、機種変と同時にプラン変更すると発生する割引などもあるので一概には言えませんが。

あとこれは誤算で、ピタットプランはテザリングが有料なんだそうです。
申し込むとその時点から使えるものの、その月は満額(500円)請求されるとのこと。
今まで通り当然無料だと思っていたので提示された金額も500円増しになってしまいましたが、
ここ2年のテザリング使用状況を鑑みて、思い切ってテザリングも止めることにしました。

自分が知らなかったのはこれくらいで、あとは確認したい情報を片っ端から出して
「はいそうです」と言ってもらうだけの簡単なお仕事でした。
向こうの方から「こんな選択肢もあるんですよ~」といったフリは一切なし。
自分の方が研修生より詳しかったんじゃないか……とは言うまい。

現行契約は端末代込み・カケホ・5GB定額・テザリングオプション付きで8,877円。
これが今回の契約更新&プラン変更でスーパーカケホ・ピタットプランで3,258円に。
ただしこれは無料通話範囲内の通話時間、かつ通信量が毎月1GBを切る場合の計算です。
自分は平均1.5GBほど使っているようなので、若干節約を意識する必要がありそう。
そこさえ気を付ければ、差額にして実に5,619円の減額ということになります。これはすごい。
ちなみにプラン変更の場合は即日で日割り計算の請求ではなく、
キッカリと翌月からの適用ということになるようです。なので今回の場合は11月01日から。
月初に変更すればスッキリその日から適用できるのではないかと思い、
本当は昨日行くつもりがうっかり忘れてしまっていたのですが、どのみち11月からだったようで。

iPhone 7Plusは最新タイトルの『ドラガリアロスト』もバリバリ動かせるので
これからもまだしばらくはスペック的に問題ないと思うし、
今後とも末永く付き合っていきたいと思っているのですが、問題はソフトウェア。
今使っているのはiOS 10.2.1、iTunes 12.5.4.42と、2017年初頭頃で時間が止まっています。
特にiTunesはここ最近、ソフトが古いために課金を伴うアプリ・音楽の購入ができなくなったり、
アプリを正常に同期してくれなくなったりとさすがにそろそろ厳しい様子。
iOSの方も同様に購入・ログイン周りでちょっと挙動が怪しいときがあります。
こないだのようにLINE通知含めあらゆるアプリでログアウトするなんていうこともあったし。
iPhone 7Plusそのものとは今後ともうまくやっていけそうですが、
ソフトウェアに関してはちょっと一考の余地がありそうです。
もう一度、32bitの置き場所を考えてみる必要があるか……。

コメントを残す