#5414

外に出る大義名分


空想

02時過ぎておりヘロヘロ状態ですがとりあえずブログ。
少し前に書いたような気がする、この秋に東京に遊びに行こうという件。
が、その計画が今ここに来て揺れています。
昨日・今日が連休から逆算して新幹線の予約開始日で、3割引の切符を手にするなら絶好のチャンス。
キャンセル料は大したことがないとはいえ、ここで予約するとなれば
やはりそれなりに具体的な計画を描いてからということになるのですが、
いざ具体的な計画をと思ったところで
「本当に行く意味があるのだろうか」と考えてしまったわけです。

基本的に自分が必要なく県外へ出るのは気分転換の意味が非常に強いです。
名目上の目的はやはり名目上でしかなく、
今までの旅行もリフレッシュが第一の目的だったように思います。
家にいる限り払拭できない閉塞感、義務感、その他諸々から逃げ出すための現時点の唯一の手段。
なかでも東京はとにかく交通機関が進化しているので動きやすいという利点があり、
また単純に日本の中心地に対する憧れもそれなりに抱いているので、
歩いているだけで未だに満足感があります。自分にとっての都会とはそんなイメージです。
それでいて、新幹線一本で行けるので実は中途半端に遠い地方よりも全然行きやすい。
乗り換えの時間や路線バスについて調べる必要も皆無。とにかく便利すぎるの一言に尽きます。
なので、最近は外に出る気分転換といえば真っ先に都会へ行くことを思いつくわけですが、
何も思いついたらすぐに行くわけにも行かず、
今までも必ず大義名分となるものをセットにしてきました。NS体験会がその代表例です。

大義名分となるものがあれば行く。なければ行かない。
しかしそれ自体に、絶対に参加してやろうとか楽しみ尽くそうとかというまでの意欲はない。
そもそもそれが東京に行く理由付けに過ぎないからです。
それでも、もちろん楽しめそうなイベントに絞り込むに越したことはありません。
で、来る11月下旬に「そこそこ楽しめそうな」とあるイベントがあるのですが、
実際に行く時間などを調べてみると、睡眠時間の確保などもかなりキツめになることが判明。
ここまでして楽しむ意欲が、今の自分にはあるだろうかと考えてしまうんですよね。
NS体験会も初日の想定を大幅に上回る人出でもはやソフト体験には参加できそうになく、
かといって東京に行った大義名分を放棄するわけにもいかず、
もやもやした中で迎えた2日目は当然のように寝坊していました。
朝、07時台に起きて現地に向かうことができればゼルダの伝説を少しはプレイできたのでしょうが、
その時の自分にはもはや、それが苦労に見合う魅力には映らなかったということなんでしょう。

意欲とコストの天秤は想像以上に厄介で、お金と時間があっても意欲がないのならただの徒労です。
こういう厳しい目でこれから来るイベントを改めて見直したとき、
果たして本当に大丈夫かなーという思いがないでもないです。
この引っかかりが否定できないので、今のところ予約はしていません。
そもそも丸二日あれば地方でも十分楽しめそうなのは今週後半の旅行計画で分かったし、
それによって東京一択が揺らいでいるというのも原因としてはあるかもしれません。
せっかく東京に行くなら、せめてもうひとつ行く理由がほしいところではあります。

コメントを残す