#5419

疑似環状線


文化


かぼちゃと戯れているうちに02時過ぎてしまいそうなのでブログ片付けて早く寝ます。

先週末は突発的に遠出をしようしようと言っておきながら、
週の途中でそこまでしてリフレッシュする必要性を見失ってしまったわけですが、
実はローカル線をぐるっと回ってくるということはしていました。

ここでは居住地の市区町村までは公開しているので今更感はありますが、
とりあえず具体的駅名は避けることにして、
実は地元のローカル線はいくつかの路線が三角形を描くように重なっていて、
疑似環状線のようなルートを取れるようになっています。
もちろん、あくまで擬似的なものなので、ノンストップで一周するわけでもないし、
乗り換えに次ぐ乗り換えの連続で利便性も山手線などと比べると天と地の差があります。

とはいえ、電車に乗るだけという目的なら、ただの往復よりはなんとなくリッチな気がします。
これで途中改札を一度も出ずに戻ってきたらどうなるんだろう?
ちょっと試してみたくもありましたが、自動改札で止められるのも嫌なので途中駅で一度出ました。

で、肝心の電車の中はといえば、ちょっとイマイチだったというのが正直なところ。
超田舎民の自分にとって電車は特別であり、旅行のときくらいしか使わない公共交通機関。
ゆえに、電車は旅行などの良いイメージと結びついていて
乗っているだけでもなんとなく特別感を味わえるうえに、車酔いがないため読書が捗る。
……のはずだったのが、いざ乗ってみると物凄い数の人でとても座れない。
座れたとしても隣に人が密着する状態で、とてものんびり読書などという気分になれない。
一度目の乗り換えでようやく人は減り、その後は一応本を読むことはしましたが、
気分転換になったのかと言われれば微妙な感じではありました。
公共交通機関そのものを目的にするのではなく、
やっぱりなんらかの目的地をセットにしてこそ楽しめるのかもしれませんね。
混雑は完全に想定外でした。地元民は電車を使わないと誰もが口にしているのに、
どうもその話と現実が食い違っているような……。

ちなみに最寄り駅ではいつもの倍くらいの人数がポケモンGOをしていました。
さすがシンオウ効果。自分はまだ6匹しか見ていませんが、
粘ればもっといろいろな種類が出てくるものなのでしょうか。

今週末も出掛ける気満々でしたが、一方でとあるゲームを復帰しようかなと思っていたりもして、
インドアとアウトドアが自分の中で戦っている真っ最中です。
仕事関係は明日が修羅場で明後日はベリーイージーモードになりそうな予感。
この日程の都合で、『ドラガリアロスト』のイベント周回はちょっと雲行きが怪しいです。
頑張ってもクリアできそうにもないし、今回は妥協が妥当か……?

コメントを残す