#5428

操作選択の壁


ゲームのプレイ日記


昨日は結局観てから寝た『 Direct』。
発売前最後の放送ということで一体何が飛び出てくるのかとワクワクしながら見ていました。
ここまで読んでいる時点ですでに手遅れかもしれませんが、以下ネタバレ注意。

なんだかんだで残り1ヶ月と1週間しかないんですよね、スマブラ。
今回ですべてのファイターが発表になりましたが、個人的には追加DLCの方が衝撃的でした。
そう、まさかのパックンフラワー参戦。
個人的にはかなりツボにハマりました。あれは鉢ですが。
シリーズ歴代での使い手を振り返ってみても、
自分はこういう「比較的軽めなイロモノ系」を好む傾向があり、パックンは間違いなくその範疇です。
前回は同じような理屈でダックハントを使おうとして玉砕しましたが、今度こそは……!

とはいえパックンフラワーは早期購入特典ではあるものの発売後の追加DLC扱い。
つまり発売当初は使えないということなので、これとは別に使い手を見定めておく必要はありそう。
歴代全キャラが登場ということで選択肢はいろいろありますが、
なかでもDX時代に使っていたアイスクライマーを再び使うかどうかはかなり迷いどころです。

そしてそれ以上に悩ましいのがコントローラーをどうするかという問題。
今度のスマブラスペシャルはNintendo Switch対応でありながらNGCコントローラーにも対応し、
(1)Joy-Con、(2)Proコントローラー、(3)NGCコントローラーという
3つの選択肢があることになります。まあ(1)は外出先で取り出してすぐやりたいとき用として、
問題は(2)と(3)。
自分はNintendo Switch購入以来一貫してProコントローラーを使っているので、
いま手に馴染んでいるのは間違いなくこっちなんですよね。
しかしやはりスマブラといえばNGCコントローラーという固定観念もあるわけです。
どちらもキーやスティックについては形状は異なるものの配置はほぼ変わらず、
強いて言えばProコントローラーの方がZLトリガーがある分、コンフィグの選択肢は広いです。
その代わり、YボタンからAボタンへの距離がやや遠いため右親指の置き位置に困る。
その点、NGCコントローラーはAボタンをニュートラルとして
三方向それぞれにボタンがすぐ届く設計になっているので、分かりやすくて使いやすいんですよね。
スティックの高さ、材質、形状もさすがに15年以上握っているだけに使い勝手は最強。

ただ、これを使うためにはUSBホストから専用ケーブルを繋ぐ必要があり、
つまり無線通信が一切できないという利便性の悪さを覚悟しなくてはなりません。
また、USB接続にはDockが必要不可欠になるため、持ち運びの点でも利便性に劣ります。
とはいえ、スマブラをプレイするのはほぼ自宅オンリーになるだろうし、
仮に外出先でやるにしてもカジュアルプレイが中心になると思うので
どちらにしても特に支障がないと言ってしまえばそうなのですが。

というわけで細かい周辺環境に差はあるものの、結局は操作感が選択の肝になりそうです。
幸い手元にはNGCコントローラー+接続タップも、Proコントローラーもすでに両方あるので
選択に際して追加で何か買う必要はなく、
初日からしばらくはどちらも使ってみて様子をみようかなと思っています。

スマブラfor(3DS/Wii U)のときは、
操作感の壁を破れずにさっぱりやり込まずに終わってしまったという過去もあるので、
今回は操作感だけは何のしがらみもないように上手く立ち回っていきたいところです。

今日、さっそくダウンロードカードも購入して準備は万端。
おそらく今年最後になるであろう、今年最大の注目タイトルの発売が今から楽しみです。

コメントを残す