#5430

電子の海を漂流する


空想


もしかしたら今が今年一年のなかで一番暇な時期かも。

ツイ禁突入によってSNSで何かつぶやく必要がなくなり
(タイムラインを見ていないとは言っていない)、
また特設サイトを改良&メンテナンスする意欲もこの半ヶ月で一気になくなりました。
ゲーム関係は06月からずっと続いていた『Fortnite』がシーズン6突入と同時に下火となり、
代わりに台頭してきた『ドラガリアロスト』は現在進行形でやってはいるものの、
スタミナ制のソーシャルゲームのため時間を忘れてずっとできるものでもありません。
ゲーム関連ではおそらく12月07日のスマブラ発売まではこんな感じになるものと思われます。

旅行計画はこの連休中でいろいろ考えましたが最終的に11月旅行は見送ることにしました。
やはりというかホテル代15,000円払ってでも行きたいとは思わないし、
気分転換の答えは都会にしかないと決まったわけでもないし。
その代わり年末年始はまた豪勢に過ごしたいなと思っていたのですが、
去年参加したカウントダウンイベントは今年は落選してしまい、今のところ行き先不明です。

また仕事関係も先週~今週は比較的閑散としていて暇と言えば暇。
暇であることが何よりの苦痛である自分としてはたまったものではないです。
こういうときにこそ何かできることを探して的確に行動していきたいところではありますが、
とりあえずそれはこの二連休中に見つけることはできませんでした。
というより、こんなことはそもそもSNSから脱却する以前からもいろいろと探し続けて、
少なくとも今年はここまで10ヶ月かけて見つかっていないような気がします。
これはちょっと焦る。いや、ちょっとどころの話ではないかもしれない。

年末の空気を否応なしに感じさせられるまで残り約4週間。
この4週間のうちに少しでも足掻いて新規開拓を進めたいところではありますが……。
方向性からしてさっぱり何が何やら。

なんかこう、最近漠然と思うんですけど。
自分ってこんな調子でよくもまあ今までずっと「毎日忙しい」と思ってこれたなと。
2010年前後によくやっていた購入タイトルのリスト化や整理といった
いわゆる「自分による自分の為だけの作業」はさっぱりやろうという気がなくなってしまい、
そしてそれを取り除くと自分が休暇中にやっていることって意外なくらい薄っぺらいんだなと。
こんな風に、暇だということが苦しくなってしまうほど。

何故「自分の為だけ」に頑張れなくなったのか。
一概には言えませんが、やはりこの辺はTwitterに依存するようになったのが大きいと思ってます。
だからこそ、例の特設サイトも何百時間とかけてここまでメンテ・成長させることができた。
そしてそれによって、思い込みだったとしても他者承認を得ることができた。
一度これを経験してしまうと、
他者承認が何も介在しない作業に意味を見出せなくなってしまうのではないかと。
「誰も見てくれていないからいいや」となってしまうわけですね。
今までは誰も見てくれないのが当たり前だったから孤独の中でも頑張って来れたけれど、
同じ事をして認められる経験を一度経てしまうと難しいのではないかと思っています。

なので、何かやるとしたら他者承認を得られる何かでなくてはならない。
しかしそれはひとりぼっちで叶えられるようなものでもない。
こういったジレンマとどう戦っていくかが、4週間の課題であるように思っています。
厄介なのは、すでにあるリアルの人間関係はそれはそれで当たり前の存在になっているので、
ぽっかり空いたSNS依存の穴を埋めるのには役に立たないということです。
何かを失ったら、やっぱり同じような新しい何かが必要なんだろうなと。

コメントを残す