#5440

コストという名の爆薬


文化


先日電撃発表されたMagic: the Gatheringの「アルティメットマスターズ」、
本日ようやく1箱分予約確保できました。送料無料で37,800円也。
原則定価販売の大手ショップが33,700円なので、差し引き4,100円増しということになります。
帰宅して何気なくTwitterの検索結果を更新してみたら、
つい40秒前に東京の小さなショップが入荷&Web受付開始のお知らせツイートをしている。
これは千載一遇のチャンスだと思い立ち、速攻で発送先住所を打ち込んで注文確定しました。
ちなみに自分が注文完了した時点で在庫は4つ消えていました。恐ろしいですね。

自分の情報チェック頻度はそれほどでもない、というか平日昼間に監視することは不可能なので、
そう考えると4,100円増しは安い手間賃かなと考えています。
むしろ、まったくの無名のネットショップでポチってしまったことの方が不安ですね。
決済はPeypalなのでクレカ情報を抜き取られるなどということは無いと思いますが……。

なにはともあれ、
これで我が家にも12月07日以降に「アルティメットマスターズ」が来ることになりました。
欲を言えばブースタードラフトで爆死したときの保険として2箱欲しかったところですが、
さすがにTCG自体下火ぎみの状況で65,000円超は頭おかしいので思いとどまりました。
どうしても欲しいカードが出なかったらシングルで買おう。
というか、その前に「基本セット2019」はいい加減開けきりたいんですが、
そもそもなかなかTCGで遊ぶ機会がやってきません。
アルティメットマスターズも埃を被るようなことがなければいいのですが。

そんなわけで唐突の高額出費になったわけですが、
実は年末旅行はこれを遙かに超える出費になってしまうかもしれません。
というのも、大晦日だけに絞ってイベントを探しても詰まる一方、
数日前まで手を広げればいろいろあるという現状なんですよね。
じゃあもう、いっそのこと12月29日から東京に行けばいいじゃない、的な。
例のカウントダウンイベントも、
12月31日だけのチケットを確保するのはすでに絶望的ですが、
3日通しチケットならそれなりに望みはあるはず。
12月29日なら明確に観たいアーティストもいる。
それならそれを軸に予定を組めばいいじゃん、的な。

ただしこれのチケット抽選結果が出るのは今月末~来月初頭となってしまい、
その結果を待っていてはホテル予約や新幹線の席確保が厳しくなってしまうので、
もしその方向で動くならキャンセル覚悟で早めに決断しないといけないんですよね。
そして3泊となる場合、出費はアルティメットマスターズ3箱分に匹敵する金額になる見込み。
錆び付いた心をほんの少し潤すイベントにしてはあまりにも割高感がありますが、
特別感はコストも特別であってこそということなんでしょう。
ただし、3万円のチケットを買ったからといって楽しめるかどうかはまた別の話。
そこが本当に難しいところなんですよね。
参加するだけで誰もがすべてから解放されて極上の年末年始を過ごせるという保証があるなら、
正直参加費は10万円でも安いと思っています。
去年の年越しは確かに格別の特別感があって良かったけれど、
一方で自分が本当にそれを存分に楽しんでいるのか怪しいところがあったのも事実。
それを果たして今年末はクリアできるのか、という。

ただ、ひとつ確かなのは悩んでいるうちにチャンスはどんどん逃げていくし、
期限はどんどん迫ってくるということ。
やっぱり年明けの瞬間に家でぼーっとしているのは嫌なので何かしら行動するとは思います。

コメントを残す