#5441

即落下警報


ゲームのプレイ日記


今のところ自分の『』プレイ方針としては、
まず定常のルーチンとして「スプリント」の自己ベ更新を据えつつ、
一日一回くらい「JOURNEY MODE NORMAL」で世界観を楽しむ。
クラシック以外のプレイモードは基本的にウィークエンドイベントのお楽しみ。
幅広く遊ぶのは週末のみということにしてあとは淡々と早積みの練習という感じ。
まあ、ゆくゆくはJOURNEY MODEのEXPARTをクリアしたいなーとも思っています。

ということであくまでも平日帰宅後の片手間にやるものという位置付けだったのですが、
どうも新しい方向性を開拓してしまったようで、今日は帰宅後ずっとテトリス三昧でした。
というのも、EFFECT MODEの「マスター」。これが結構面白い。
本来ならプレイ動画を用意すべきところですが、まともなプレイングが撮れていないので勘弁。

マスターモードとは、現時点で人間にはクリア不可能と言われている超上級者向けモード。
通常のテトリスはスピードが20段階に設定されていて、
スピードレベル=20とは、「落ち始めた瞬間に地面に着く」というスピードを指します。
なのでこれ以上のスピードというのは再現しようがありません。
Lv.20はテトリスにおいて限界のレベルということになります。

ところがマスターモードでは、Lv.20のひとつうえ、「Lv.M1」からスタートします。
テトリスでは、地面に着地してからテトリミノの置き位置が確定
(=次のテトリミノが落ちてくる)までに若干の猶予時間が与えられています。
Lv.M1からは、この猶予時間がどんどんと削られていくというわけです。
マスターモードでは10ラインごとにLv.M1、M2……とレベルが上がっていき、
最終的にM30を突破すればクリアということになります。
なお、数日前まで世界最高でもLv.M23が限界で「ここが人類の限界か」などと言われていたのが、
今日この記事のために確認したら現WRがLv.M28に到達していました。
本当に人間って恐ろしいですね。
ただし、Lv.M23以上に到達している人はランキングを見る限り世界に2人しかいません。
人間卒業していない程度の上級者にはこの辺が壁になると思って間違いなさそうです。

ちなみに自分はというと自己ベがLv.M16で、世界153位が今のところ精一杯の記録。
M14とM15の間に壁がある気がします。
マスターモードでは一度地面に着地してから置き場所を決めるので、
例えばテトリミノの形で言うと「O」はちょっと段差があるだけで
置き場所が非常に限られることになってしまいます。
こういった事情もあって、普段の積み方がまったく通用せず、独自の積み方が要求されます。
事故ったときのリカバリーなど、アドリブ力も要求されますね。
スプリントとはまた違ったやり込みで、これはこれでかなり面白い。
と思うとともに、改めてテトリスって奥深いなあとつくづく。

とりあえず当面はLv.M16の突破、そして目指すは世界100位内ですかね。
というわけで今日からはマスターモードも日課に加えて奮闘しています。
操作の少ない積み方を求められるので、スプリントの練習にもいいのかなと思っています。
あとはとにかく集中力を刺激されている感が凄い。
この手のスキルが要求されるのは音ゲー以来でしょうか。果たしてどこまで戦えるのか。

コメントを残す