#5451

途中の旅


空想


年末旅行準備、さすがに今週末は進みまして、現時点での予算が出てきました。
その額、なんと91,819円(現地での飲食費、物販購入費等を含まない)!!
この旅行費、高いとみるか安いとみるか。まあ普通に考えて高いでしょう。あまりにも。

ただし現段階ではホテルの予約は確定ではなく、この9万なんたらといいう金額は、
当日の動きから計算してベストな拠点を選んだ場合の金額になります。
具体的には、1泊約18,000円計算。
今は合計金額があまりにも高いことを鑑みて拠点を変える方向で動いており、
順当に行けば1泊約12,500円くらいまでは落とすことができそうです。
そうなると80,819円となりますね。まぁそれでもそれなりに高いんですけれども。

ホテルについてはもう本当に毎回の反省点になっていて情けない限り。
というのも、東横イン系列では年末も素泊まり1泊6,000円というプランもあるようで、
前々からこれに狙いを定めていればさらに1万円以上節約できたじゃないかと。
ざっくりとした印象ですが、1万円を切る底値クラスがまずまっさきに埋まり、
次に10,000~13,000円のミドルクラスがちょうど今くらいの時期に埋まっていき、
そして15,000円以上のホテルが残るというような印象です。
あくまで都心の庶民向けホテルに限った話ですが。
山手線沿線は高く、そこから外れればそうでもないというような勝手なイメージでしたが、
立地による差は新宿など極端に密集している地域以外は
かなり距離を取らないとそこまで変わらないようです。
そもそも、都心から離れていても東京ディズニーランドが近いとまた高かったりと、
いろいろな要因がその土地によって絡んでくることもあるため
安易に都心だから高いということもないみたいですね。

あまりにも高い旅行予算ですが、実はこれでもとある作戦によって大幅に削減していたりします。
というのも、今回は出発予定が12月29日。年明けまで過ごすとなれば、
宿泊は29日・30日・31日の3泊になるのが当たり前なのですが、
そこを敢えて31日朝にチェックアウトしようというのが今回の作戦です。
つまり、大晦日カウントダウンのあとはホテルには戻らないということ。
去年、カウントダウンのあと明治神宮まで行き、参拝を済ませて東京駅に戻ってきたのが
おおよそ04時頃だったと記憶しています。
であれば、あと2時間待てば新幹線の始発が来るじゃないか、と。
2時間くらいなら粘れるだろうし、元日はそのまま徹夜してしまおうという目論見です。
あ、でも東京駅で初日の出を見てから出発するのもいいですね。
帰りの新幹線は予約してしまったけれど、もう1時間粘って7時台に変更するのもアリかも。

ともあれ、9万円というのはとんでもなく高いなとつくづく。
正直、電卓を叩いてこの金額が出てきたとき、
「あ、これはプライドを捨てて年末年始は親の実家で過ごす方がいいかもしれない」
と一瞬思ったのも確かです。
今回はチケット代だけで約4万円圧迫しているので過去の旅行と比べても贅沢なんですよね。
しかし贅沢だからといって、自分がはっちゃけられる範囲というのはたかがしれているし、
それを後押ししてくれる誰かがいるわけでもない。
値段相応に楽しめるのかと言われると、絶対楽しめないと思うんです。
まあせいぜい半額分くらいでしょうか。

でも、いっぽうで、「年末を特別な形で過ごしたい」
というのは自分が小学生時代から持ち続けている強いこだわりでもあるわけで、
これを妥協して崩すことだけはしたくないと思っているのも確かなんですよね。
これがある意味、自分にとってのあらゆる意味での最後の砦だと思っています。
年末年始さえも合理性の名の下に平坦に過ごすようになってしまったら、
いったい自分の人生はどこに起伏を見出せばいいのか、となってしまうと思っています。
だからまぁ、この9万円ないし8万円になるかもしれませんが、
この高額な出費は自分のエゴに対する投資だと思っています。
あとは一人旅を趣味にするための投資とも言えますね。
旅を心から楽しむためにはもっと場数を踏む必要があると思っていて、
今はその途中経過だと思っています。いつか芽が出たらいいなーと思いつつ。

コメントを残す