#5460

埃を被ったマイク


ゲームのプレイ日記


スマブラSPまで残り実質2出勤。
発売日の夜はどこまで夜更かしするか、特に予定も立てていないのですが、
少し前まで貴重な平日休み前深夜帯にやろうかなーと思っていたことがあります。
それは、ゲーム実況ソロデビュー。
今やお馴染みの、ゲームをしながらマイクに向かって一人言を延々話すアレですね。
自分はどうしても「一人言」を言う習慣に触れてこなかったので、
基本的に他人と喋るとき以外に声は一切出しません。だって恥ずかしいじゃないですか。
だから実況なんてそんなことできるのか、とずっと思っています。
実はソロではない実況ゲームプレイはすでにデビューしているのですが、
複数人による実況と一人実況との間には、
カラオケパーティと一人カラオケくらいの差があると思います。

でも、今改めてその壁をぶち破ってみるのも刺激があって面白いんじゃないかな、と。
視聴者が何人も来ることはまったく想定していませんが、
もしも聞いてくれていることを想定する相手がいてくれたならそれに越したことはない。

実況文化ができてほぼ十年経ちますが、
自分はこの十年間、基本的に実況文化に対してはアンチの立場を取っていました。
しかしまさかここまでの勢力になるとは思ってもみませんでしたよね。
そして十年経って思うのは、なんかもうアンチだからとか言って距離を取るのも面倒くさい。
面白そうならやってみればいいし、そうじゃなければ触れなければいいんじゃないの、と。
で、ここ最近はどうやらどちらかというと興味がある方に傾いているようです。
なんというか、ふつうにゲームの新しい楽しみ方としてアリなんじゃないの、という立場。
少し前なら「少し前までアンチの立場だったのに今更手のひらを返せるか」
とやりたくても敬遠せざるをえなかったのでしょうが、
そういう面倒くさいプライドが最近は外れてきているように感じます。

別に喋る内容を含めて良いコンテンツが作れるなんて思っていないし、
そもそもコミュ障なのでまともに喋れるかも怪しいです。
でも、そういうことを敢えてやってみることで何か見えてくるものもあるんじゃないかなーと。
せっかく10,000円近くのマイク買ったのにまったく使わないのも勿体ないですし……。
いや、別にそのためにやるわけではないのですが。
でも、実は前々から画策していたからこそこんなところに高級マイクがあるんですけどね。

実際にやるかどうかは五分五分といったところですが、
もしやるとしたらどこかで告知すると思うので是非聞いて頂ければと思います。
実況に専念するあまりゲームがおそろかになっては本末転倒なので
その辺の目的の混同には気を付けたいところではあります。

コメントを残す