#5466

心を折る数字


ゲームのプレイ日記


4連休4日目。
さてスマブラ発売4日目ですが、心が折れました。どうしようこれ。

なんというか自分はどちらかというとクズな人間の方だということを自覚しているので、
その立場でひとつ言うと、別に勝負に勝ちたいわけではないんですよね。
ただ負けたくないんです、猛烈に。だからこそ、あらゆる場面で勝負を避ける傾向にあります。
クズというものはそういうものなのだと自分は考えています。
そして実生活上で勝ったり負けたりという場数を踏んでこなかった経験値の少なさからか、
とにかく負けたときの悔しさに耐えられない。1回勝ったらプラマイゼロになるわけでもない。
1敗の重みが段違いなんですよね。

これは、レーティングシステムを導入している対戦ゲームでより顕著な悩みです。
一度負けると、勝つまでそのレーティングに戻ってくることができないばかりか、
2連敗すると2勝しなければ戻ってくることができません。
敗北がそのままポイントの借金のようになってしまうのがレーティングシステムです。
逆に言えば勝利は貯金とも言えますが、レーティングは現状維持のままでは意味がありません。
ずっと5000点ならそれはそれで辛いのが面倒くさいところです。
勝率が50%未満だとレーティングはやればやるほど下がっていくわけですが、
このときの自己否定感は半端ないです。悔しさで頭がおかしくなりそうになる。
『クラッシュ・ロワイヤル』や『ぷよぷよテトリス』でも同じでした。
でも、週間プレイ時間最高記録はその『ぷよぷよテトリス』なのだから、
泥沼というのは恐ろしいものです。

さらによくないことに、今作のスマブラではレーティングを導入したわりに、
そのシステムが比較的軽視されているようなんですよね。
対戦前には相手のレーティングは一切分からず、リザルト画面でようやくわかるという仕組み。
ゆえに対戦中に「この相手なら負けても仕方がない」という割り切りができない。
また、世界戦闘力にかなりの差があっても平然とマッチングする上に、
負ければやはりそれなりに下がる。
さらに、対戦ルールを選べない。運ゲー要素の多いルールでも同様のことが起こります。
ちょっと理不尽だなというのがざっくりとした印象です。

それゆえに、個人的にはスマブラSPのオンライン対戦には、
システム面でのどうしようもなさに、ちょっと辟易するところがあります。
これは実力のなさもあるのでしょうが、操作ラグによって思い通りに動かせないこともしばしば。
その絶妙なモッサリ感が、イライラを募らせている感も否めず。
思い出補正が半端でないシリーズだけに、がっかり感も半端ではありません。
うーん、これからどうしよう。

現在、最高世界戦闘力はMr.ゲーム&ウォッチの786,749。
ですが、これは寝て起きたら大分上がっていたのでその分の補正もかなりあります。
全然勝てていないのにレーティングは上がるという不思議……。
とりあえずあれですかね、冷静になって今はCPUと特訓するのが正解ですかね。
こうもエンジョイ部屋が欲しくなるとは思わなかったなぁ。

コメントを残す