#5469

終日曇天


自分


地元の天気予報を見てみると、曇時々雪→曇→曇のち雨→雨のち曇→曇時々雪と続いています。
そう、くもりなんですよ。いつまで経っても晴れない。
これが日本海側の宿命であり、地元最大といっても過言ではない憂鬱ポイントです。
都会育ちの人は信じられないかもしれませんが、
地元では冬になると朝らしい朝というものがないことの方が多くなります。
つまり、朝方から夜のように空が暗いんですよね。そしてそのままいつの間にか日が暮れている。
分厚い雲が晴れることはありません。太陽を見ることなく一日が終わります。

ちなみに今年初頭はこれに加わって豪雪となったため、まさに地獄でした。
たとえ雪が降らなくても、台風かと思うほどの暴風が吹いているのが地元クオリティです。
「人が住むところじゃないよなぁ……」と思うのは、毎年冬恒例です。
もう何千回心の中でボヤいたことか。
日光を浴びる機会がなくなってしまうことで生活リズムが崩壊したり、気落ちしたりすることを
季節性うつ(冬季うつ)、などと言われたりすることもあるようですが、
どちらかというと季節よりも地域のせいであるような気がします。
うつ病の都道府県別発症率をざっと調べてみると明らかに日本海側が多いのは、
日照時間の少なさも絶対に無関係とは言えないと思います。

自分で言うのもなんですが、このハンデを背負って生きている地元民って凄いと思いますね。
でもきっと、このハンデに耐えかねている人もいるんだろうなとも思います。
大学時代の自分なんかはある意味それでした。眠気に人生を支配されていたというか。
今は仕事があるから、無理矢理起き続けているに過ぎません。
太陽の力を借りずに、アラームで無理矢理活動にリズムを持たせている感じ。
3連休以上取ると生活リズムがあっという間に崩れてしまうのはそのせいもあるんでしょうね。

そんなわけで今日の自分は04時半就寝08時起床でさっさと寝たくてたまりません。
書きたい話題もないわけではないのですが、今日は睡眠の話題でお茶を濁してベッドに逃げます。

コメントを残す