#5470

混戦乱雑


ゲームのプレイ日記

』、初週プレイ時間は37時間48分でした。
最近あまりこの指標は使っていませんでしたが、
少し前だと『モンスターハンタークロス』と同程度のようです。
こう考えるとかなりプレイした方なんでしょうかね?
とはいえ、これは正確には待機時間を含んだ総起動時間。
乱闘している時間に絞ると大分少なくなると思われます。ざっと半分くらいでしょうか。
まぁ、それでも最近のコンシューマータイトルにしてはそこそこ。さすが四連休効果。

というわけで今日はスマブラの感想をぼちぼち書いていこうと思うのですが、
結論から言わせていただくと、「中の下」くらいの評価しか下せません、自分は。
今のところホリデー以外はぼっちでネット対戦しかしていないのでその弊害もあるのでしょうが、
やはりというか世界戦闘力ありきのネット対戦はシステム諸々厳しすぎるというのが率直な意見です。
早い話が、レーティングとマッチングが機能していない。

これはあくまで体感であって確定ではないのですが、スマブラSPの対戦マッチングは、
世界戦闘力はあまり考慮されていません。戦闘力10万未満と90万台が平気でマッチングします。
下手な人にとっては、戦えども戦えども勝てない、そんなスマブラを強いられることになります。
サブキャラでレートを大分下げてみましたが、
40万台を切ってようやく強豪よりも素人の割合が多くなってくるかなといった感じで、
まったく機能していないわけではないのですが、勝ったり負けたりのバランスが非常に悪く、
腕前が中途半端未満なプレイヤーにとってストレスフルなゲームになっているのは間違いないです。
これは、やたらと難易度の高いアドベンチャーモードや、
隠しキャラ参戦時の戦いでCPUがやたらめったに強いことにも言えると思います。
基本的に今作は、エンジョイ勢にやさしくありません。
プロ向けに競技性を重視した結果、大半の一般ユーザーを切り捨てたという印象です。
サブゲームがとことんそぎ落とされ、戦うこと以外にやることがないのも
そういった印象を後押ししてしまっているように思います。

個人的には、世界戦闘力などというレーティングもどきは実装する必要はなかった、
あるいは実装するならマッチングシステムを徹底的に磨いて欲しかったというのが正直なところ。
どうも内部では単に勝率で計算しているらしく、
ひたすら戦っては勝ったり負けたりしているキャラよりも、
数戦やって勝ち越してあとはずっと放置しているキャラの方が世界戦闘力は高かったりします。
そりゃあ、理屈ではそうなるのも分からないでもないけど、納得感は薄い。
レーティングシステムという点で言えば、超ビッグタイトルであるこのスマブラSPよりも、
個人制作スマホアプリの『どうぶつタワーバトル』の方がはるかに優秀ではないかと思うほどです。

全員参戦という触れ込みは確かに衝撃的だったし、
それに必要な開発リソースも半端ではないのでしょうが、
内実としては良くも悪くもそれだけというのがこのゲームをざっと眺めて思うところです。
70キャラいろいろ使って勝てる人にとっては、秀逸なゲームタイトルと言えるでしょう。
しかし世の中、そうでない人の方が多いのではないかと思うわけです。自分もその一人です。

さすがにスマブラX以上に楽しめるとも思っていませんでしたが、ちょっと期待外れだったかな……
というのが正直なところです。
もちろん、これは敗者の言い訳的なところも多分にあります。
自分が勝って勝って勝ちまくっていたら、システムに対する文句もなかったかもしれません。
身勝手なものですね。

総評としては、シリーズ全6作のうち、スマブラforWiiU以上、それ以外以下。
for WiiUはワールドスマッシュが絶望的にイマイチだったのと、
そもそもfor 3DSでお腹いっぱいになってほとんどプレイしていないことから
最底辺はやむを得ない評価ですが、今回はがっつりやってこれですからね。残念感が半端ない。

……といいつつもプレイは続けているわけですが。
今は修行期間なんだと自分に言い聞かせ続けています。
ストレスフルの状態から逃れる方法として、
チームバトル優先ルールで潜ると比較的勝ちやすく、味方がいる分割り切って戦えるのでオススメ。
あとはローカル対戦、ふたりでオンライン対戦などローカルマルチプレイに頼るとかですね。
むしろ本来はこちらがメインコンテンツであるはずで、
これを主軸に再評価したら一気に手のひらを返すことになるかもしれません。
とりあえずぼっちでネット対戦はイマイチ、これだけは間違いないです。

コメントを残す