#5479

片隅の配信


文化


03時就寝16時起床。
明日は休日出勤が確定しているので、
今日は04時前によっぽど眠くならないかぎりこのまま徹夜していこうと思います。
平日のガチ徹夜だとヘロヘロすぎて仕事にならないのですが、16時起床ならまあいけるでしょう。

昨日は久々にかなりメンヘラ気味でしたが、丸半日以上寝たらさすがに多少はスッキリしたようで、
今日は旅行計画が一気に進みました。
タイムテーブルはほとんど完成したので、あとは細かいところを詰めていく感じですね。
普段の生活があまりにも虚無だからか、今回の旅行は大義名分云々関係なくわりと純粋に楽しみです。
ただ、特に2日目がかなりの冒険なので当然不安もあります。
この辺がどう転ぶかで今回の旅行はかなり明暗分かれそう。

ところでTwitterでは昨日書きましたが、
昨日YouTubeのチャンネル再生回数が100万再生を突破していました。
チャンネル開設は2007年06月10日なので、実に11年越しの達成ということになります。
が、実はこれ、非公開動画を含まない数だったようで、
2007年に途中まで公開していたピクミン2動画の一部を再公開したところ、
一気に130万台まで跳ね上がりました。
非公開を含めれば大分前に100万達成していたということになりますね。
100万の内訳のほとんどは2014年の『ピクミン3』ミッション攻略動画が占めていて、
近年たまーにアップした動画は良くて4桁、ほとんどが3桁止まりです。
動画企画も興味がないわけではないのですが、
無趣味となってしまった今、ベースとなる案とモチベが絶望的に足りていないですね……。
200万突破ははるか先の話になりそうです。というかそもそも突破する日はくるのか。

100万突破を記念してというわけではないのですが、
今日は試しにYouTubeでの動画配信をテストしていました。
結論から言えば、Twitchと比べても遜色なくお手軽に配信することができます。
コメント機能もあり、投げ銭機能(Super Chat)もあり、機能としては申し分なし。
ただし、YouTube Gamingが無くなってしまった今、
他人のライブを探す機能はかなり貧弱であるように思います。
Twitchはタイトル別に探す機能があるのでそこからおもむろに観たいゲームを見つけられますが、
YouTubeはまず知っているタイトルを文字検索しなければ始まりません。
タイトル別で見つけてほしいならTwitchの方に軍配が上がるかもしれませんね。
どちらの方が視聴者数が増えやすいのかは微妙なところ。
ユーザー数は圧倒的にYouTubeの方が多そうですが、
検索結果での扱いは普通の動画も混ざってくるので、埋もれてしまいやすい難点があります。

ちなみにこのテスト実況ではマイクも使ってみたのですが、
誰も視聴者が来ないこの状況で一人言を喋る意味をどうしても感じられなかったので
結果的に一言も喋りませんでした。
ピクミン界隈がもっと盛り上がっているときにやっていればまた結果は違ったかもしれませんが、
とにかく実況プレイはある程度観てくれる人を想定できないとやる意味はないですね。
ある意味では承認欲求を満たす有用な手段として期待する向きがなくもないのですが、
実際に満たされるためのハードルはかなり高いように思われます。

コメントを残す