#5530

再現不能経路


ゲームのプレイ日記


ちょいちょい『』に触れている今日この頃ですが、成果は思わしくありません。
そしてこうして5年前の自己ベ更新に挑んでみて改めて、
2014年当時の自分はとんでもないことに挑戦していたんだなぁと思わされます。

『ピクミン3』は、前作と違って回収物が固定配置になっています。
つまり、運に頼ることができません。逆を言えば、一度ルートが確立してしまえば、
同じルートをなぞる限りは同じようなスコアを出すことが可能になるわけです。
ゆえに動画さえあれば同じようなスコアは量産が可能。
動画を観ているとなんとなく自分でもできそうな気がしてくる……のですが、
現実にはそうもいきません。

今日は『お宝をあつめろ! ステージ7:続・白銀の泉』に挑戦してみました。
このステージは全ステージの中でもかなり複雑な部類で、プラチナ突破難易度は最高クラスです。
ですが2014年当時の自己ベは最後の最後に分かりやすい凡ミスをやらかしているので、
同じルート取りができさえすれば更新は余裕。のはず。

しかし実際には、ルートは複雑極まりなく、
動画を観て記憶して、プレイしながら同じルートを取るのはとても短期間ではできそうにありません。
さらに、ルートは分かっていても思い通りに操作するのがなかなか難しい。
この辺は完全にプレイスキルの問題でしょうが、5年ブランクはなかなか深刻なようです。
というわけで現状、単に自己ベタイを出すだけでもルート取りと操作の壁が立ちはだかっています。
さらに、大幅更新するためにはルートを明確に改良する必要があります。
5年前はタイムボーナス2分36秒となっていますが、
目標のWR-120にはあとちょうど30秒足りません。
30秒は凡ミスのカバーでどうにかなる尺ではないため、やはりルートの変更が必要。
しかし旧ルートさえままならない現状で新ルートの開拓ができるはずもなく……。
続白銀の更新のためには非常に長い道のりを歩かなければならないようです。
まぁ、この辺が『ピクミン3』の醍醐味であり、そして参入の難しいところでもあるんですよね。
ハマりさえすれば、何十時間も遊べる奥深さがある。しかし、ハマるまでが難しい。

2014年当時の自分は、毎週3コースのペースで自己ベ更新していたというから驚き。
だからこそ、凡ミスも妥協しつつ動画化せざるを得ない時間の都合もあったのでしょうが、
妥協スコアすら越せそうにない今にしてみれば、我ながらなかなかの偉業だったと思います。
そこまで熱中できていたというのがまず羨ましい。
ちなみに、2014年の動画企画は現在合計919,854再生となっています。
去年末にYouTubeチャンネルの合計再生数が100万再生を超えたと書きましたが、
実はそのうちほとんど全部はピクミン3動画で占められていたりします。

そんな5年前の自分に勝てる日は来るのか……。
今のところ2015年以降の更新はわずか2ステージ。残る34ステージ全部は絶対無理だとしても、
やはりWR-120を切っているところのうちいくつかはもう一踏ん張りしたいという気持ちがあります。
今日触ってみた感じだと、もう少し単純なステージの方が望みがあるんでしょうかね?
今まではむしろ複雑なステージに手を出しては玉砕していた気がするので、
次は思い切って方向転換してみるのもアリかも。

そんなこんなで三連休も終わり。
2日目までは読書やらプログラミングやら、いろいろやることはありましたが、
3日目である今日はかなり虚無の割合が大きかったことは否めません。
どうも自分は三連休をフルに活用するための気力が致命的に抜け落ちている気がしないでもない。
三連休を長すぎると思っている節がなくもないわけですが、
それはつまり、出勤日が趣味系をこなす自分にとっては休息になっているということ?
そんな自分は、三連休よりもやっぱり水曜休みの方がいろいろ捗りそう。

コメントを残す