#5552

突発的再構築


デジモノ


さようなら、Windows 10。はじめまして、Windows 10。

例のハードディスクいきなり破損問題、今日とりあえず久々にPCの起動に成功しました。
まっさらなのでめっちゃくちゃ早いですね。Firefoxが一瞬で起動するのには感動。
とりあえずソフトを片っ端からインストールしているところです。

時は遡り、今日の朝。
昨夜時点ではクリーンインストールするつもりだったものの、
やはり失ったデータとシェアウェアのライセンスが惜しいと思い、
ダメ元で出勤前にHDD修理業者へ問い合わせメールを送ってみました。
自分が持っている有料ソフトは数は多くないですが、
Illustrator CS6とExcel 2013だけで購入金額は軽く4万近くに達するため、
修理費が2万だろうと、あるいは3万でも入っているデータのことを思えば致し方ないのではないか。
返答は昼休み中に来ました。

「えーと、OSの完全復旧ということでしたら、とりあえず5万円くらいですね」

ああ、終わった……。
さすがに3万費やしたところに復旧のために5万円払うのは無理だ……。
症状によっては30万、40万になることもあると言われました。個人を相手になんて金額を。

というわけでCドライブの修理はスッパリ諦め、
退勤後、新しいWindows 10を求めて会社近くの家電量販店へ。
しかし無かったので、近くのもう一店舗に行くも無い。仕方がないのでその足で駅前まで行き、
この辺で一番大きい家電量販店に行って18,000円ほどで『Windows 10 Home』を購入。
余談ですがレジに持っていったら研修中の女の子が倉庫を必死に探してくれたのですが、
結果的に7分ほど待たされました。このお店は割とこういうことがありがちな気がしないでもない。
ポイントカードを作れば10%還元でしたがここでの買い物は滅多にないのと、
次に余計なものを買う理由になってしまいそうな予感がしたので止めておきました。

帰宅後、念のためメモリを16GBに落としてから(これについては後述)インストールUSBを挿入。
昨日届いたばかりの新CドライブことSSD 240GBにインストールしました。
DドライブがSATA 0なのでまさか上書きされるんじゃないかと一瞬不安になりましたが、
ちゃんとインストールするドライブを指定できました。まぁ、当たり前か。

ということで、あっさりインストールは終わり。
さっそくFirefoxをインストールしてEdgeには早々に引退してもらい、
Firefoxからめぼしいソフトをインストールしておきました。
今回はCドライブが吹っ飛んだので、過去にどのようなソフトを使っていたのかについては
完全に記憶頼りになってしまうかに思われたのですが、
なんと別のドライブに元Cドライブのファイルヒストリーが少しだけ残っており、
そこにランチャーに登録してあったショートカットが残っていたおかげで
かつて自分がどんなソフトをインストールしていたのかを把握することができました。

また、改めてデータを見てみるとDropbox非同期フォルダのうち大学レポートはやはりダメでしたが、
それ以外の非同期ファイルの大半は無事でした。
残っていたのはあとバックアップ類だけなので、意外とかすり傷で済んだという感じでしょうか。
まぁ、バックアップフォルダにしかないファイルが無いとも言い切れないのですが。

あと、確実なところではDiskInfoというソフトのログが五年分吹っ飛びました。
これはディスクにある全ディレクトリ構造を保存できるというソフトなのですが、
なにげに2008年からログを取り続けていて今年で12年目になります。
あまりにもログが重くなっていたので2013年以前分はNASに退避していたためこれらは無事で、
逆に最近のファイルである2014年以降分は破損ドライブに取り残されてしまいました。
これさえ残っていれば失われたドライブの構造も見ることができたのですが……。
すぐに思い浮かぶ、Cドライブの取り残しはこれくらいでしょうかね。
徹底して個人ファイルをDドライブに保存する癖がついていて良かったと本当に思います。

金銭的に大損かと思われたMicrosoft Excelについては、
確か1ライセンス2台までの接続が可能で、その2台目分のライセンスは未使用だったはずなので、
実家を探しまくってライセンスキーを見つけ出せばまだ一縷の望みがあります。
Illustrator CS6については2台目までインストールできるという情報がハッキリ出てこないので
こちらはかなり望み薄ですが、探すだけ探してみたいと思います。
ここさえクリアできれば、
とりあえず今回修理ではなくクリーンインストールを選んだのは正解だったと言えるでしょう。
ダメだった場合は、イラレは使っていないのでともかくExcelは絶対に必要なので、
ここでまたさらに新規購入のために15,000円ほどの出費が発生することに……。
Office 365に逃げる手もなくはないですが、とにかくExcelだけでも見つけ出したいところ。
なにしろここ数年見ていないしどこに片付けたのかも忘れてしまったし、
ライセンスをフルに使っていないという保証もないのでこの辺はまだ不安です。

それ以外については、Firefox、Dropbox、Evernoteはクラウド同期のため当然無事だし、
秀丸エディタ、1Passwordはライセンスキーが手元に残っていたためセーフ。
iTunesはデータベースも音楽ファイルもすべてDドライブだっため問題なし。
いつも使うソフトについてはExcel以外ほとんどダメージがなかったりします。クラウド様々です。

ちなみに今回Cドライブがみるみるうちに壊れていった原因ですが、
経年劣化も当然ながら、自分は電源供給不足が一番の原因だったのではないか、と見ています。
そういえば今の3つ目のドライブを接続するときも、
そして今回も、電源投入時に一度ではつかなかったり、いきなり落ちたりとやたら不安定でした。
それがいつの間にか安定するので忘れてしまっていましたが、
自分のPCは電源ユニットが460Wと最近のモデルと比べるとかなり貧弱です。
そしてどうやら7,200rpmのHDDは電源の負荷が5,400rpmのものと比べると倍程度違うらしく、
今回買ったDドライブはよりによって8TBの7,200rpm。電力をめちゃくちゃ食うというわけです。
これがCドライブの分まで電力を吸い取ってしまった結果、
電力不足に陥ったCドライブの内部でプラッターなどが動作不安定になり、
ディスクなどに傷を付けたのではないか、と。
特に電源投入時の負荷はとびきり大きいらしいですからね。
ここ連日の強制再起動によってトドメを刺してしまった感はあります。

他にも特に意味もなくメモリを4枚刺しにして24GBにしていたり、
USB機器をフル接続していたりしたので、電源不足というのはかなり怪しいかなと思っています。
今回買ったSSDはHDDと比べて少ない電力で動く媒体なのでその点では安心ですが、
Dドライブの消費電力が減ったわけではないので警戒するに越したことはないかなと。
現在は3台目のHDDであるLドライブも7,200rpmなので、
これの換装時期が来たら5,400rpmに落とすか、あるいはここもSSDにしてしまうのが無難ですね。

というわけで生きた気がしないCドライブ破損問題はひとまず峠を越えることができました。
ここまでに費やした費用はおよそ43,000円。
あまりにも高い授業料でしたが、本当にバックアップの重要性は身に染みました。
しかし、バックアップをしっかりするためにもまたお金がかかってくるんだなこれが……。
PCの維持費も馬鹿にできないものだとつくづく思います。

コメントを残す