#5583

世界はこんなにも美しかった


文化


ついに人生で初めてメガネを買いました。

視力が下がり始めたのはいつからだっただろう、
とにかく視力検査のたびに「メガネはかけないの?」と言われ続け、
それでもなんとか近視の両眼0.5前後をキープし続けてきた自分ですが、
近年はついに0.3前後まで下がっていました。そこにきてやってきた自動車免許取得の機会。
これをパスするためには到底裸眼ではやっていけないし、仮にパスしても危険すぎる。
まぁメガネを買えば日常生活でも何かと便利だし、ということで買いに行きました。

JINSというメガネショップに行き、メガネを買いに来た旨を伝えてまずは視力検査から。
やはり両眼0.3でした。そこから店員さんと対話的にピント調整の操作をしていき、
パソコンの操作にも影響がなく、なおかつ遠くのものが見えるように、
とりあえず両眼0.9になるように調節してみるというところで落ち着きました。
そして店内を歩き回って良さげなフレームを選んで申告。
30分程度で出来上がるとのことだったので、同じ店の中に入っているカフェで一服したのち、
改めて受け取ってきました。ちなみに12,960円でした。安いのか高いのか。
試しにかけてみてくださいと言われたので、それをかけて店内を見渡してみました。

……世界はこんなにもくっきり見えるものだったのか!!!

衝撃的でした。あんなに遠くのものがぼやけずに見えるなんて!
メガネをかけると目眩がしたりするかもという話も聞いていましたが、
今のところそういう症状もなし。度数がそれほど強くないからなんでしょうね。
ただ今のところ悩みの種は、鼻に当たるパッドの違和感が半端ないという点。
なんだかむずかゆくなって外したくなってしまいますね。慣れれば感じなくなるんだろうか。
目が疲れたりといったことも今のところありませんが、
できる限り裸眼でいけるなら裸眼で行こうかなとは思っています。

ちなみに自動車免許は、迷ったあげく取りに行くことにしました。
30万円は高いけれど、今後約40年間強力な身分証明として使えるというのがまず大きく、
運転できるという特権はそれの付加価値として考えるようにしました。
たかだか年8,000円の負担で何も文句を言われない身分証明書が手に入るなら安いよね、という。
都会に進出したらペーパードライバーになることは避けられませんが、
地方で就職する可能性、また都会に行っても将来的に次の転職でUターンになる可能性を考えると、
やはりここで取っておいた方がいいのかなと。何より車を買えば旅行の幅がうんと広がりますしね。

住民票の写しが必要とかで今日は入校手続きはできませんでしたが、
週明けから本格的に動き出していこうと思っています。

コメントを残す