#5585

レガシーの避難先


ゲームのプレイ日記

先日、一瞬の油断によって画面が割れてしまったiPhone 7Plus。
修理に持っていったところ強制アップデートが必要と言われてしまい、
今までずっと死守してきたiOS10シリーズを捨てて一気にiOS12に。
iOSは11で高速化のために32bitアプリをすべて切り捨てる決断をしたため、
このアップデートによって本体に残っている32bitアプリはすべて動かなくなってしまいました。

これは2010年以来アプリを500本近く保持している自分にとっては大打撃だったわけですが、
しかしかといってどれが32bitアプリなのかもこれまで把握していませんでした。
実はそれができるのがiOS11になる寸前のiOS10.3以降で、
自分はそれに該当しないため確認ができずにいたんですよね。
今回の強制アップデートで32bitアプリは動かなくなってしまいましたが、
設定アプリからどれが32bitアプリなのかは一覧で出してくれるようになっていたため、
まずその洗い出しをしてみることにしました。
その結果、現時点で非対応のアプリは124本あり、そのうちゲームが116本ありました。
これらをひとつずつピックアップしてExcelにまとめ、
さらにiPhone 5sを持ってきてiTunesに接続して、
ピックアップした116本をすべてiPhone 5sに同期しました。
この中にはとっくに配信停止となっているアプリも多くありましたが、
iTunesには今までにダウンロードしたすべてのアプリが保持されているため、
たとえ配信停止されていても、Storeを経由することなくダウンロードすることができます。
というわけで116本のうち特にお気に入りの19本をズラッと並べてみた画像がこちら。

これらすべて現時点で64bit版の配信がない、32bit止まりのアプリです。
PONOSの初期名作ミスターシリーズは全滅しているようですね。
個人的には上の画像の中でも『Dice Pile』『Trainyard』はそこそこやり込んでいたため、
移行によってデータが切れてしまったのは残念です。
とはいえ、こうして古いOSを保持しておけばまた起動することができるのは便利ですね。

いつの間にか自分のiOSアプリの歴史も今年で十年目ということになります。
十年間で扱ってきた端末は四台、
iPod touch 3G(2010年~2012年)、iPod touch 5G(2012~2014年)、
iPhone 5s(2014~2016年)、iPhone 7Plus(2016年~)となっています。最長は現行機。
最初のiPod touch世代からずっとお世話になっているアプリも未だに多くあることを考えると、
改めてiOSは生活に欠かせないものになっているなと思わされます。
bit数の壁、iTunesのバージョンの壁など更新によって全部を維持するのは難しくなっていますが、
なんとか昔ながらのアプリ管理を続けていきたいところです。

ちなみにこれの影響で今日はiOSゲームの積みゲー崩しが割と捗り、
その中でも『』というアプリがなかなかの当たりでした。
何系パズルと呼べばいいのか分かりませんが、いわゆる『Threes!』系の数字詰め込みパズルです。
同じ数字が並ぶと吸収してひとつ大きい数字になるので、
うまく数字を置いていって大きな数字を作ることを目指します。
何も考えずに置いていくとあっという間に埋まってしまうので注意が必要。
同系統のゲームとこのアプリが違うのは、パネルの移動ができるパネルが出現することと、
徐々にフィールドが広くなっていくということですね。

この系統のゲームは『Lock’n’Roll』に始まりいくつかプレイしてきましたが、
パズル系の中では割と好きな部類かもしれません。

というわけで今日は久々にモバイルゲームに触れた一日でしたが、別のことでも進展がありました。
実は某SNSで知り合った500人以上のうち、たまたま同郷でたまたま気が会った人と、
03月21日から交流を続けた結果、ひょんなことから来月下旬に飲みに行くことになってしまいました。
ネットで知り合った人と会うのは『ピク杯』以来、3回目(通算6人目)ということになります。
まぁまだ実際どうなるかは分かりません。吉と出るか凶と出るか。
ただ確かなのは、先月末も飲んだし、今月下旬も飲みに行く予定だし、
自分にしてはかなり頻繁に飲み会に参加しているように思います。
なんだか2019年になってから急に人の縁に恵まれるようになったと思うのは気のせいか??

コメントを残す