#5615

てのひらの課金実態


デジモノ

溜まりに溜まったAppleからの領収書を整理していました。
現時点で自分がダウンロードしたスマートフォンアプリの総数は1,733本。
その総課金額を改めて計算してみたところ、244,650円と出ました。
ちなみに有料アプリ購入時の総額が64,935円、アプリへの追加課金が179,715円です。
iOS端末を購入した2010年01月08日から現在までの期間で計算すると、
おおよそ1日平均71.8円、年間平均26,218円課金していることになります。
不思議なことに、アプリの購入日別の課金ペースは2010年から今に至るまでほぼ平坦です。
アプリのダウンロード数は2010年を頂点として最近はめっきり減っているんですけどね。

アプリ別の課金トップを見ていくと、全アプリ中もっとも課金したのは
2014年に流行ったソーシャルゲーム、『メルクストーリア』で20,300円。
ただしアプリ単独課金ではなくサービス自体への課金も含めると、
オンラインメモアプリ『Evernote』がトップとなり23,600円となります。
ただ、これはそもそもカード引き落としで厳密にはアプリに課金しているわけではないです。
同じくサービスそのものへの課金としてはあとで読むサービスの『Pocket』があり、
こちらはほぼアプリ単独でしか使わずアプリ経由の課金ということもあるので
アプリそのものに課金している感は強いのですが、Evernoteはデスクトップが主ですからね。
ちなみにPocketへの課金は16,200円で現在は課金中断中。
ただ最近、ついに日本語での記事読み上げ機能が追加されるという大幅アップデートがあり、
このまま改善してくれるなら課金再開もアリかなと思っています。
オススメ記事のピックアップも日本語に対応してくれれば
ニュース系アプリとしては最強なんですけどねぇ……。

他にも、長らく課金継続を放置していた2つのアプリだけで合計20,000円以上課金していたり、
トップ10の課金アプリだけで14万円もの金額をつぎ込んでいたりと、
自分の課金実態がかなり浮き彫りになりました。
やはりというか今年に入ってからメッセージアプリに容赦無く課金するようになった影響で
課金総額がかなり押し上げられている感じはします。
一方、ゲーム関係には後悔するような課金額はほとんどなく、抑えられている感じはします。
自分はどちらかというとゲーム以外で無駄遣いしてしまっているパターンが多いですね。
期待を込めて課金したものの使わないということが多い。
プレミアムアカウントを本当に使い倒しているアプリなんて稀だと思います。

アプリの可能性は本当に無限大だと思うので、これからもApp Storeは見ていこうと思いますが、
そんな中でメルストを越える何かと出会えたらなという気持ちは少しあります。
2万円課金しても後悔しない、そんなアプリもきっとあるはず。

コメントを残す