#5622

退屈の山盛り


今日の出来事

そこそこの収入にスキル取得という一石二鳥の夢を抱いて入った職業訓練。
チュートリアルを先週末に終えて本番一発目だったのですが……。

あまりにも退屈。

というのが初日を終えての感想のすべてです。徹夜だったので三倍増しくらいで退屈でしたが、
徹夜してなくてもこれは相当キツかったでしょう。よく耐えたな自分。
なるほど……。授業料タダどころか授業を受けることで収入を得られる。
そんなうまい話に裏がないわけがなく、
実はその授業は中身がスカスカの時間つぶしでしかなかったというわけか。
いや、まだそう決めつけるには段階としては早すぎるんですけどね。
ただ、今日ばかりはそうとしか言いようがない進行でした。
たぶん、担当講師が午後からしか来なかったので専門外の先生が時間つぶしに困ったのでしょう。
1時間目は50分のうちほとんどが担任の先生の自分語りタイム。
2時間目はPCの画面をスクリーンに映して自校のホームページについて懇切丁寧に解説したのち、
後半は就職先はこんなところがある、という事例を
誰もが思いつくような検索フレーズをその場で検索して出てきたページを見るだけ。
3時間目はYouTubeで動画を観ていました。
3時間目はともかく、
1~2時間目は5分で済ませられることを50分に引き延ばしているとしか思えない内容でした。
というかそもそも担任が15分くらい遅刻するので授業時間が実質35分しかないという。

そして後半を担当する先生がぼそっと一言。
「午前3時間何やってたの?」
そう思うのも不思議ではないですよ、
自分たちはPCの立ち上げ方すらレクチャーされていないのですから。
金曜日に買い今日から使うはずだった参考書の購入手配すらまだだし。
何やってるんだろう、あの人は……。
午後の担当講師に名簿すら行き渡ってなかったらしく、
さらにはPCが立ち上がらないのが4台もあったりネットに繋がったりと不具合が起こりまくりで、
なんというか二日目にして早くも担任の杜撰な仕事が明るみに出てきてしまったわけですが……。

まぁ、授業料タダだしね。こんなもんでしょう。では済まされないんですよ。
4ヶ月間の拘束期間というのはいかに時間の使い方が下手な自分でも莫大なコストであるわけで、
正直失業手当だけを目的に居座るには退屈すぎます。
午後の内容も、起動、ブラウザの立ち上げ、ファイルのコピーといった超基本操作の連続。
記憶の限りでは高校の情報の時間と同レベルかそれよりも低いくらいです。
さすがにここまでレベルが低いとは思わなかった……。

とはいえカリキュラムによると超基本的なことをするのは全体の3分の1未満。
明日からはさっそくAdobe Photoshop、Illustratorを使った実習に入っていくそうなので
さすがに高校レベルはすぐに通り過ぎそう。
ですが、超簡単な内容の指定テキストを読破しなければならないという決まりがあるらしく、
それを進めているうちはまだしばらく退屈は続きそうです。
入校案内では「自分のレベルに合わせた講義が受けられる」という話だったんですけどねぇ……。
これは一杯食わされたか、あるいはまだ様子見の段階とみていいのか。

何にしろこの退屈具合は徹夜で挑むにはキツすぎるので、
この学校に通っている間はもうできれば今日限りで徹夜は避けていきたいところです。
今日はついに夜明け寝も昼寝もまったくなくずっと覚醒していた貫徹でした。
17時半起床とはいえ……純粋な貫徹は随分久々な気がする。

コメントを残す