#5639

存在するべきではない存在


今日の出来事

神奈川県川崎市で起きた凄惨な大量殺人事件。
犯人(51歳)が高齢な引きこもりの子どもだったことがマスメディアに取り沙汰されており、
ひきこもりの当事者団体が「差別を助長するような報道は自粛してくれ」と声明を発表しています。

これについて思う事なんですが、「ひきこもり」そのものは許されない社会悪だと思うんです。
言ってしまえば差別されても仕方ないと思います。
ひきこもりは社会的弱者的立場ですが、厳密にはそうではないと自分は思います。
各種障害者をはじめとしたマイノリティーなど、
本人の力ではどうしようもない理由によってその地位に落ちてしまった人とは違って、
ひきこもりというのは自分からひきこもりを選んでいる元健常者に過ぎないんですよね。
要するに、ただ単に社会から逃げただけじゃないかという話。
まぁ、自分ではどうにもならない理由によって引きこもりになった人は別でしょうが。
いじめの被害者とかですね。
でも世の中には、客観的に見れば社会に出て当然なのに、
自分勝手な理由付けをして引きこもりを正当化している健常者というのも少なからずいます。
それは少なくとも社会悪であると自分などは思います。
なぜならそれらは、自分の意思で逃げただけなのに、健常者みんなが納めている税金を
働かないという手段によって逃れ、それでいて社会サービスは一人前に享受している。
障害者や重病者と違って身体は健康なのに、それって不当に優遇されていると思いませんか?

それを、ひきこもりから凶悪犯罪者が出たからといって
「いや、引きこもりそのものは悪くないんです」「ひきこもりを許してやってください」
なんて言ってしまったら、ひきこもりの分まで働いて税金を払っている健常者の立場は何なんだと。
ひきこもりというのは社会にとってはマイナスでしかない膿のような存在であり、
当人にとっては社会的ステータスとしては罪深い最底辺であることは紛れもない事実なんです。
それが凶悪犯罪を起こして脚光を浴びたからって、事実を歪曲することはできません。
それどころか働き手の少ないこの高齢社会で自分のわがままによって働かないという選択をしている、
非常に迷惑な人たちであることは間違いありません。明らかに社会の足を引っ張っていますよね。
社会の足を引っ張っても許されるのは「学生」という特権階級だけだと思います。

ひきこもり=犯罪者予備軍と結びつけるのはおかしいという意見も出ていますが、
自分に言わせればひきこもりというのは社会と断絶している分、
一般的な倫理観や他人観を身につけにくいという点においては、
一般人よりも奇怪な行動をしやすい、極端な行動に出やすいというリスクはあると思います。
他人と関わらない生活が長く続けば、他人を尊重できなくなってもおかしくない。
そうやって得たねじ曲がった価値観が、何らかの凶行に結びつく可能性はあるのではないか。

今回の事件は他人を巻き込んだ自殺であって「拡大自殺」と呼ばれているのですが、
ひきこもり当事者が社会に絶望した結果、
他人を巻き込んで死んでやろうと決意したと考えるのは不自然ではないように思います。
それに対して「死にたいなら一人で死ねよ」という声がネットを中心に挙がっていて、
ちょっとした論争になっていますが、自分はどちらかというとこれは賛成です。
電車飛び込みも然り、他人に迷惑をかける死に方は最低最悪であることは言うまでもないですよね。
それに対して、そもそも自殺がよくないから無くす社会にするべきだなんて声もありますが、
そんなのはとんだ理想論であって現実的ではないと思います。

そもそも、ひきこもりになるような人は生まれるべきではなかったんですよ。
あなたがいなかったら、その家庭はどんなに明るかったことか!

1人までしか育児する能力のない家庭に生まれてきてしまった2人目。
それ以前に育児なんていうものができない人の間に生まれてきてしまった1人目。
仕事を優先され愛情というものと無縁のまま放置されてきた人。
結局のところひきこもり問題の多くは家庭の失敗、家庭の無責任に尽きると思います。
もちろん、社会に拒絶されてひきこもりのような状態になってしまった人は別です。
それは明らかに社会が悪い。例えば学校でいじめられてひきこもりになったら、そりゃ学校が悪い。
でも、家庭がすべての原因でひきこもっているような人は、
そもそもの問題として何故親は責任を負えないのにそれを生んでしまったのかということを問いたい。

ひきこもりが110万人いるという事実は、紛れもなく社会問題だと思います。
この国の負の側面と言っても良いと思う。
今回の事件が、この社会問題にメスを入れるきっかけになってくれればと切に思います。
一人でも多くひきこもりを減らしてほしい。
そしてひきこもり家族を扶養している人は関係機関に報告する義務を課すとかしてほしいです。
現状は家庭に潜り込んでしまえば誰も手出しができない真っ暗闇じゃないですか。
とにかく無理矢理にでも光を当ててやってほしい。

こんな暴論が誰彼に受け入れられるとも思っていないし
ここに書くのは不適切だということは十分承知していますが、
最近ひきこもり問題がいろいろ取り沙汰されてむしゃくしゃしたので思うところを書きました。
なお、ここでの批判は特定個人に対するものであって、
不特定多数や社会に対して言うものではありませんのであしからずご了承ください。

0

コメントを残す