#5644

お金を栽培する


自分

NISA(少額投資非課税制度)という制度をご存じでしょうか。
これは超ざっくり言えば、株などの投資で戻ってくるお金には通常20.135%の税金がかかるけれど、
年間120万円までならその税金を免除するよ、という制度です。
いま、政府はこういった制度を利用して若者にも投資をすることを強く勧めています。

実は今日からこれを利用して、投資デビューしてみました。
一昨年にクラウドソーシング用に開設したメガバンク口座に10万円が眠ったままだったので、
これとNISA専用口座を紐付けて、カブドットコム証券という証券会社にアカウントを作りました。
そして、投資先を選んで積立投信を申し込み。
支払い手数料がかからないものを選んだので、
これでしばらく毎月15,000円放り込んでみようと思います。

投資信託はしばしば「お金の栽培」に例えられます。
シミュレーターによると、5%返ってくる投信への15,000円の投資を30年続けた場合、
30年後には12,483,880円となります。そのうち増えるお金は7,083,880円(元金は540万円)。
まぁ実際にはここまでうまい話でもないのでしょうが、
なんにせよお金を預けておけば少しずつ増えていくというのは嬉しいものです。

正直、まだ転職活動も終わっていないのにこんな話をするのもアレなんですが、
投資をしようと思った背景には、今ある貯金をこの先どうするのかという不安があります。
それは短期的にもそうといえばそうなのですが(持っていると使ってしまうという意味で)、
それよりもむしろ長期的に見たときの話。

仮に東京に進出した場合、おそらく30代の自分はロクに貯金ができないものと思われます。
貯金が減っていくような就職先は絶対選べないのでマイナスはないにしても、
支出を考えると今までのようにコンスタントな貯金ができる状況になるとも思えない。
仮に十年頑張って40代になってどんどん昇進していって少しずつ余裕ができたとしても、
そこから貯金を始めたとして、退職までにできる貯金の期間は25年。
毎月平均5万円貯金できたとして、1500万円貯まることになります。
退職金はこの際考慮しないとして、昇給分はある程度使ってしまうことと想定します。
定年までガッツリ働いてやっと1500万円ですよ。
それも生涯独身という仮定でこれですよ。
これに加えて結婚して子育てしつつ家を持つとか、それなんて無理ゲー?

一方、65歳に退職してそこから20年生きるとなった場合、
月25万円使うとして必要な金額は6000万円。というは超ざっくりした計算ですが、
国の統計によると現時点でも年金生活は毎月5万円の赤字らしいので、
40年後にはもう年金なんて無いも同然ということになっているでしょうし、期待はできません。
まぁなんとか月10万円はもらえるだろうと仮定して、20年で2400万円?

つまり自分の超ざっくり計算によると、今後順当に社会に適応できたとしても、
死ぬまでにあと2100万円はどこかで捻出しなければならないということになります。
自分が退職金としてこんな金額をもらえるなんてとても思えない。

だからこそ、30代の十年間はそれはもうめちゃくちゃ大事な十年間であることがわかります。
ここで手取りいくらもらえるかで、40年後の人生は天地の差。
20代は実質的に学生生活とブラック会社生活で消費してしまいましたが、
ここからはさすがにそういうわけにはいきません。そんなことしたらお先真っ暗です。

そこで投資というわけです。
年金に頼らずに個人が貯金をしなければならないということなら、
貯金を遊ばせておくよりも投信に入れておいて育てれば30年後には結構な額になっている。
政府も「年金なんかに頼らないでね」と言わんばかりに
NISAやつみたてNISAといった制度を作って個人投資を推奨しているわけですし、
少額でも乗っかってみるのはアリかなと思った次第です。
無論、20年後がどうなっているかは誰にも分からないんですけどね。

あと、ついでというわけではないのですが、
いつか買ってみたいと思っていた任天堂の株を買ってみました。
といっても普通に買うと300万円くらい必要になってしまうので、それはとても無理なので、
単位未満株という特殊な形式で1株だけ買ってみました。
今は予約しただけで実際に買うのは明日ですが、
おそらく37,650円くらいで買うことになると思います。
任天堂なら、これより下がることはあっても将来永遠に上がらないなんてことはあり得ないので、
適当なときに手放すつもりでいます。いくら儲けようとかはあまり考えていません。
とりあえずE3で上がるか下がるか、注目ですね。

単位未満株は自分でも手が届く少額から株を買うことができるので、
気が向いたら任天堂に限らず他にも買ってみようかなと思っています。
株を買えば、その方面のニュースに敏感になるしアンテナを張る意味でも良いかなと。

コメントを残す