#5646

ゼロから作る


web制作

職業訓練の一環で、今日は個人面談というものがありました。
担当講師と一対一で10分の面談。その間、他の人は何をしているのかというとすべて自習。
渡された課題は本一冊相当なのですが自分は先週すでに終わってしまっていたので、
今日は丸六時間かなり暇な一日でした。

で、面談はおおよそ17分でした。
どうも自分は課題をこなすスピードからかなりの優等生に見られているらしく、
「あなたは何の問題もない」
「今就職しても最前線でやっていける」
「あなたが就職できなかったら俺に全面的な責任がある」
「他の人がひとつ作っている間にあなたなら10個は作れるでしょ」
などと非常に高い評価を頂いています。ちょっと買いかぶりすぎじゃないか???

サーバーもドメインも持っているという話をしたら、
とりあえず基本のHTML+CSSはできるという前提で、
各種CMSを片っ端から触ってみることを薦められ、XAMPPのインストールを許可されました。
ので、自分は次回からデザイン系の授業以外は自分のサイトも授業中に堂々と弄り放題です。
学校のPCはExcelがないのが玉に瑕ですが……。
JavaScriptやjQuery、Sass、Pythonなどを勉強しろみたいな話にはなりませんでした。
この業界でもいきなりそういうものは使わないということなのか知りませんが、
これだけの短期間でこれらを習得するのはなかなか難しいので助かりました。
ただWordPress、Bootstrapはやはり必須だと言われました。
WordPressはこのブログでお世話になっているので、当面の課題はBootsrtrapですかね。
とはいえJavaScriptの基礎とjQuery辺りもここである程度知っておかないと後々苦労しそう……。
あと言及されなかったけど致命的に知識が少ないのがMySQLですね。こないだ参考書売っちゃった。

高い評価をもらったのは純粋に嬉しいです。
ただ自分自身はまだ、web業界ですんなりやっていけるとは思っていません。
「このくらいはできて当然」みたいな評価をもらっているけれど、逆にプレッシャーなんですよね。
これまでの独学で自分は本当に基本ができているんだろうか?
先生は「応用がすでにできている人には必要のない基礎もある」と言うけれど、
本当に大丈夫なんだろうかと考えてしまうんです。

例えば、web制作実習の本質的なところは「レイアウトを考えながらコードを書く」というもの。
コードを見ながらコードを書くなんていうのは言ってみれば誰でもできるんですよ。
でも、完成図から逆算して書くっていうのはwebデザインにおいてはそこそこ難しいです。
そして自分は、web制作歴16年とはいえそういった経験が圧倒的に足りない。
今までに作ったサイトの数は20ちょいしかなく、そのほとんどは十年以上前です。
だから「ゼロから書く」という経験が圧倒的に少ないんですよ。
なのでちょっと焦ってます。できて当然と言われていることが、
実は最近全然やっていないんですよね。ちょっと焦りますよね。

というわけで今後はちょっと、仕事を念頭においたweb制作というのもやってみたいなと思ってます。
ちょうどいい企画も思いついたことだし、これを形にできる日がくればいいなと。

コメントを残す